FUJITSU 生体認証 PalmSecure 手のひら静脈認証

今のセキュリティで満足してますか?

紛失・忘却・なりすまし
が心配

そんなリスクを何とかしたい…

どの生体認証が良いか
分からない

指紋や顔など色々聞いたことが
あるけど、どれが良いのか分からない…

生体認証は
導入のハードルが高い

運用のノウハウもないし、
人材もいないから踏み出せない…

PalmSecure™「手のひら静脈認証」がすべて解決します!

忘れない・無くさない・悪用されない

生体認証は、これまでの認証方式(パスワード・カード)と違い、人間の身体的及び行動的特徴を使用し、本人を認証する仕組みです。
自分の身体一つで認証できるため、盗難・紛失・偽造の恐れがこれまでの認証方式に比べて低くなります。
現在、多くの分野で既存の認証方式から生体認証へ切り替えが進んでおり、当社では、生体認証の中でも高い認証精度を誇る「手のひら静脈」による認証を提案しています。

衛生的で生体認証最高レベルの精度

指紋認証が他人受入率0.001%以下であるのに対して、他人受入率0.00001%以下、本人拒否率0.01%(※1)という、より高い認証精度を誇ります。
さらに、富士通研究所が開発した手のひらの姿勢補正技術(※2)により、最大で1万手(※3)のデータから個人を識別することが可能です。
また、指紋認証などはセンサーに触れる必要がありますが、「手のひら静脈」認証は非接触で利用できるので、衛生的かつ抵抗感を感じにくいのも選ばれている理由です。

※1:リトライ1回含む
※2:手のひらをセンサーへ平行にかざさなくとも、静脈を高精度で読み取れる技術
※3:最大片手1万手、両手5千手

目的に応じた柔軟な対応と豊富なラインナップ

生体認証に詳しい人材がいなくても、安心してご利用いただけるよう、当社より導入のアドバイスをさせていただいております。
多様なご要望にもお応えできるよう、製品のラインナップも豊富。
開発を自社で行いたいユーザー様にはソフトウェア開発キット(SDK)もご用意しています。

    • お客様が簡単に「手のひら静脈認証」ソリューションを開発できる環境を提供するソフトウェア開発キットになります。
      サンプルアプリケーションはソースコードまで公開されており、WEBによる開発サポートが受けられます。

※「PalmSecure」は富士通株式会社の商標です。

製品一覧

PalmSecureセンサー組込み製品

通帳・キャッシュカードレスで現金引き出しなどが可能なATM、スピーディーなログオン認証が行える流通市場向けPOS、小型センサーを内蔵したモバイルパソコンやタブレット、セキュリティルームへのアクセス制限や管理をより確実に行える入退室管理システムなど、高い認証精度を誇る手のひら静脈認証センサーを搭載し、セキュリティと利便性を向上させた組込み製品の一覧です。

PalmSecure製品比較表

PalmSecure-F Pro(高機能版)PalmSecure-F Light(PCログオン専用製品)
センサー
用途金融、入退室など不特定多数の方が同一のセンサーを利用するパブリックユース。また、1対N認証をシステムに適用する場合。事務所環境において、PCログオン、端末認証など特定の方がセンサーを利用するパーソナルユース。
対応システム
  1. PCログオン認証ソリューション(注1)
    PalmSecure LOGONDIRECTOR
  2. 開発キット(SDK)による個別開発アプリケーション
  1. PCログオン認証ソリューション(注1)
    PalmSecure LOGONDIRECTOR
※ログオン以外の用途には使用できません。
認証方式(注2)
  • 1対1認証
  • 1対N認証(N=10,000手以下)
  • 1対1認証のみ
外光耐力
  • 認証時 :
    自然光(太陽光) 45,000lux以下
    白熱灯・ハロゲン灯 9,000lux以下
      *ハイパワーモード設定時
        自然光(太陽光) 80,000lux以下
        白熱灯・ハロゲン灯 18,000lux以下
  • 登録時:
    自然光(太陽光) 5,000lux以下
    白熱灯・ハロゲン灯 1,700lux以下
  • 認証時 :
    自然光(太陽光) 45,000lux以下
    白熱灯・ハロゲン灯 9,000lux以下
  • 登録時 :
    自然光(太陽光) 5,000lux以下
    白熱灯・ハロゲン灯 1,700lux以下
動作温度-40~85℃5~35℃5~35℃
認証精度
  • FRR(本人拒否率)0.01%(リトライ1回)
  • FAR(他人受入率)0.00001%以下
  • FRR(本人拒否率)0.01%(リトライ1回)
  • FAR(他人受入率)0.00001%以下
詳細

(注)仕様の詳細については各ページをご確認ください。

    • 企業における大規模導入の場合、PCログオン認証ソリューションをお客様のご要件に合わせて選択することが可能です。お客様はパソコンのセキュリティ機能を低価格かつ短期間に導入でき、なりすましによる業務システムの不正侵入や、情報漏えいの対策を行う環境を迅速に構築できます。
      • SMARTACCESS/Premium、Secure Login Box
      • AuthConductor
      • PalmSecure LOGONDIRECTOR
      ※組み合わせるソフトウェアによりセンサーの対応OSは異なります。

    • 1:1認証は、ID(ユーザ名)と静脈データとで判定する認証方式のことです。入力された静脈データと、入力されたIDに関連づけられている静脈データを比較して、合致しているかどうかを照合します。
      これに対して1:N認証とは、静脈データだけで判定する認証方式のことです。入力された静脈データと、登録されている全て(N個)の静脈データベースを比較して、その中から合致する1つの静脈を特定します。

広がる利用シーン

操作性や環境耐性が向上し薄型化された「PalmSecure-F Pro」により、設置・使用環境の条件を大幅に緩和します。さらに、ICカードサイズの「手のひら静脈認証ボード」により、従来適用が難しかった組込み系OSを搭載した機器への適用が可能になります。
従来はPCログオンや入退室装置での使用が中心でしたが、複合機や金庫・ロッカーなどでの使用が拡大することで、企業内の認証方式を手のひら静脈認証に統一できます。また、現金やクレジットカードに代わる手ぶらでの決済手段や、住宅やクルマの鍵の代替など、利用シーンを新たな市場へ拡大します。

導入事例

富士通株式会社販売製品 PCログオンソリューションに関するお問合せ

PCログオンソリューションの取り扱いは富士通株式会社です。富士通株式会社までお問い合わせください。

その他PalmSecureに関するお問合せ

ページの先頭へ