GTM-MML4VXJ
Skip to main content

MICJET セキュリティログWATCHER(ログ管理システム)

高度化する自治体情報システムのセキュリティ強靭化に対し、内部監査をより強力にサポート。
お客様のセキュリティ運用の自動化、省力化を実現します。

「MICJET セキュリティログWATCHER(以下「ログWATCHER」)」は、業務システムと端末に係る証跡情報(操作ログ)を収集し、個人情報へのアクセス状況を可視化するシステムです。
複数業務システムの操作ログを横断的に一括処理し、煩雑になりがちな操作ログの分析業務を自動化することで、自治体情報システムの強靭性向上を実現します。

「MICJET セキュリティログWATCHER」の製品コンセプト

MICJET セキュリティログWATCHERのコンセプトイメージ

「MICJET セキュリティログWATCHER」の特長

MICJET セキュリティログWATCHERの特長のイメージ図

ログの集約(一元管理)

  • 業務システムや業務端末などのログを集約管理し、業務を横断して検索・参照が可能です。

ログの分析・監査

  • 業務上不正が疑われるアクセスログを自動抽出し、アラームで通知します。
  • 証跡管理における作業負荷を軽減し、セキュリティリスクの検出が可能です。

他社対応(マルチベンダ対応)

  • 汎用ログ取込機能を有しているため、ログのデータレイアウトを変換しマルチベンダ環境においても、ログの分析や監査が可能です。

「MICJET セキュリティログWATCHER」の分析・監査機能

情報漏洩リスクの監査

  • 情報連携や各種機関への報告などの業務上、機密性の高い情報が含まれるファイルを作成することがしばしば発生します。こうしたファイルの取り扱いを誤ることで、情報漏えいリスクは格段に高まります。
  • ログWATCHERでは、ファイル操作について様々な観点で分析を行い情報漏えいリスクを監査します。

不正操作の監査

  • サーバ保守において、様々なベンダの出入りが想定されます。入退室管理されている場合でも、不必要なサーバへのアクセスなどのリスクが想定されます。
  • ログWATCHERでは、サーバへのアクセスについて不正が疑われる操作を検出します。また、パスワードアタックなどの兆候を検出します。

業務外アクセスの監査

  • 業務システムにおいて、操作権限を用いてアクセスできる情報を制限することは常識となりました。しかし、業務に基づき情報にアクセスしているかどうかを、出張所などの出先機関を含めて確認することは非常に困難です。
  • ログWATCHERでは、業務システムの操作や端末からの印刷、ハードコピー取得など様々な観点で監査します。

外部媒体利用の監査

  • USBなどの外部媒体については、事前申告などにより許可されたもののみ利用がなされていると想定しています。しかし、業務時間外や人目につかない場所での利用など、業務上想定されない利用がされた場合の情報漏えいリスクが想定されます。
  • ログWATCHERでは、USBなどの外部媒体の利用について、時間帯や利用場所などの観点から、不正の疑われる操作を検出します。

お問い合わせ/資料請求

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。

INTERCOMMUNITY21シリーズ製品の一部は、富士通の「環境貢献ソリューション」に認定されております。 認定製品と環境改善効果一覧

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)