GTM-MML4VXJ
Skip to main content

INTERCOMMUNITY21共通シリーズ ‐ IC21共通基盤ソリューション ‐

富士通のIC21共通基盤ソリューションは
自治体のシステム最適化を継続的に支援します。

番号制度を契機に、自治体を取り巻く環境は大きく変わってきています。
富士通は自治体への豊富な導入実績を元に、番号制度にも対応した共通基盤ソリューションを提供しています。

IC21共通基盤ソリューションの特長

標準化

  • データ連携基盤にはオープンなDBMS(PostgreSQL)を採用
  • APPLICの提唱する「地域情報プラットフォーム」に準拠し、マルチベンダー運用に対応
    APPLIC準拠登録製品一覧(サービス基盤) 新規ウィンドウが開きます (一般財団法人 全国地域情報化推進協会サイトへ)

柔軟性

  • 製品を組合せて構築できることで多様なニーズに対応
  • 番号制度に対応(「番号連携オプション」の提供)

拡張性

  • 地域情報プラットフォームに準拠した項目に加え、団体固有項目に対応したデータベース
    連携を実現(法改正にも容易に対応)
  • 統合DBを活用することで、「番号利活用」「オープンデータ」等将来のサービス拡充にも対応
  • 仮想化に対応済のため、ハードウェア増設等リソース追加にも柔軟に対応

長期保証

  • OSのレベルアップ時には下位互換を保証をすることで、システムの長期稼働を実現

IC21共通基盤ソリューションの主な機能

IC21共通基盤ソリューションの機能

データ連携基盤

  • 統合DBを標準装備
  • 地域情報プラットフォームの定める
    公開データベース方式と共通インターフェース方式に対応

文字基盤

  • マルチベンダーのコード系に対応した標準コード変換機能を提供
  • コード変換表の統合管理と配付機能により、システム全体の文字を統一

帳票基盤

  • 帳票の作成・配信管理・電子帳票化の一括管理が可能

統合運用基盤

  • ICTリソースの一元管理と運用の統一を実現
  • 複数種類のHyperVisorを横串で管理するだけでなく、物理層も含めた管理が可能

EUC基盤

  • 利用者が意識することなく、複数テーブルを結合したデータ抽出が可能
  • 権限設定により、ユーザ毎に使用できる機能や参照できるデータを設定可能(PIAの証跡管理にも対応)

認証基盤(統合ID基盤)

  • 一括異動処理機能により、システム管理者の作業負荷を軽減
  • ワークフロー機能により、臨時職員等のアカウント情報管理負荷を軽減
  • アカウント情報の一元管理と配信機能により整合性を確保
  • 自治体に特化した適用テンプレートをご提供

認証基盤(認証ポータル)

  • 認証を一ヶ所に統合することで、セキュリティの向上を実現
  • 各職員/環境に合わせ最適化した、ポータルサイトをご提供
  • 多種多様な認証方式を採用
  • 必要な利用者情報を一元管理し、不正アクセスを防止
 

お問い合わせ/資料請求

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)