GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. 特集 >
  6. コンビニ交付対応ソリューション

コンビニ交付対応ソリューション

2016年3月1日更新
2012年3月30日更新
2010年4月15日掲載

富士通はコンビニ交付事業に参画される自治体様向けに、「コンビニ交付ソリューション」をご提供しています。本ソリューションを活用することで、効率的かつ確実にコンビニ交付サービスを実現することができます。

コンビニ交付は、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)にて実施している、住基カードを活用した全国のコンビニエンスストアから証明書の交付を行うサービスです。

全国100団体(2015年7月現在)の自治体様で導入しております。2016年1月より交付される個人番号カードを活用することも可能である為、今後さらに参画団体は増加すると予想されます。

富士通は多くの自治体様へのコンビニ交付導入実績をもとに、安全確実なシステム導入と住民サービス向上を支援いたします。

また、従来からの「コンビニ交付ソリューション」に加え高い信頼性・運用性を備えたSaaS型サービス「コンビニ交付クラウドサービス」も提供いたします。

コンビニ交付の仕組み

コンビニ交付システムは、自治体様の既存住民情報システムとコンビニを証明書交付センターを介して接続し、コンビニのマルチコピー機から「住民票の写し」「印鑑登録証明書」「記載事項証明書」「各種税証明書」「戸籍証明書」を交付する新しい証明書発行の仕組みです。
住民は住基カードもしくは、2016年1月より交付される個人番号カードを使って、仕事の合間に職場の近くのコンビニで、また夜遅くに帰宅途中のコンビニで、全国どこからでも証明書を受け取れるようになります。

コンビニ交付を始めたい! でも何を準備すればいいの?

コンビニ交付のシステム概要図

富士通は、豊富な住民情報ソリューション構築実績・LGWAN導入実績をもとに、
コンビニ交付に必要なシステムをトータルでご支援いたします。

「コンビニ交付クラウドサービス」

富士通の「コンビニ交付クラウドサービス」は、従来、自治体ごとに整備していた証明書発行サーバー等のシステム環境やセキュリティ対策などの運用管理を、IDCにて包括的に行います。

コンビニ交付クラウドサービスの概要図

【サービスの特長】

サービス品質の維持
高度なセキュリティの維持やOS等の最新の利用環境への対応等、常に最新の高品質なサービスをご提供。安心してご利用いただけます。

システム運用管理負担軽減
証明書発行サーバーの構築及びデータのバックアップやハードウェアの障害監視等を全て当社にて実施することで職員様のシステム運用管理の負担を軽減することが可能です。

参考

お問い合わせ/資料請求

掲載された製品の価格、仕様、サービス内容などは掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)