GTM-MML4VXJ
Skip to main content

運用設計サービス

ITILに準拠した運用効率化の実現に必要なドキュメントを作成

「運用設計サービス」は、お客様のシステム運用の現状を調査し、プロセス毎の運用基準書や運用プロセスフローを作成することにより、日々の運用管理状況の可視化と標準化を実現します。

また、今後の改善ポイントを明確にするためのITIL責務との差異一覧もご提供しますので、お客様はこれらのドキュメントや手法に基づく日々の運用と継続的改善のPDCAサイクルを維持することにより、ITILに準拠した効率的で安定的な運用を実現できます。

  • 運用プロセスフローを作成することにより運用業務を明確化
  • 運用基準を文書化して標準化を図る
  • 差異一覧表(ITILの書籍で記載されている責務とお客様の運用を比較)を作成して改善点を可視化

figure01.gif

サービスの特長

  • お客様の運用業務の現状を整備し、運用プロセスフローを作成することで、日々のシステム運用とサポートの業務を明確にします。
  • システム全体概要、運用管理システム概要、プロセス毎の運用基準書を作成し、運用レベルの標準化を図ります。
  • IT統制に必須のITILフレームワークを活用することで、見落としていた運用課題を明確にします。

導入のメリット

「運用設計サービス」をご導入頂くことにより、現行運用の情報を整理・文書化し運用業務の可視化を可能とします。

運用プロセスフローの作成 blue_arrow.gif 運用手順の整備、明確化
プロセス毎の運用基準書を作成 blue_arrow.gif 高品質かつ効率的な運用の実現
現状と目標の差異一覧を作成 blue_arrow.gif 継続的改善のPDCAサイクル実施と安定運用の実現

価格

「運用設計サービス」は個別見積商品となっております。

詳細な価格については富士通または販売パートナーの担当営業までご相談ください。
担当営業をご存知ないお客様は「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。

参考価格例

実施条件 参考価格例
ヘルプデスク業務を主とした下記プロセスの運用設計
  • サービスデスク
  • インシデント管理
  • 問題管理
一括費用 540万円
下記プロセスの運用設計
  • サービスデスク
  • インシデント管理
  • 問題管理
  • 変更管理
  • リリース管理
  • 構成管理
一括費用 1,600万円

 特長・メリット・価格 |  サービス内容詳細 

icon-check.gif 新しいシステムの構築や導入作業もお願いしたい

icon-check.gif 24時間365日、システムの安定稼動をサポートしてほしい

icon-check.gif 万一のトラブル時、迅速なシステム復旧のサポートはこちら

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)