「VDI」と「DaaS」の利点をどちらも得るには

テレワークの業務効率を⾼める「DaaS」の切札

新しい働き⽅の実現に向けて、企業は重要な分岐点にいる。コロナ禍を機に急いでテレワークを導⼊した企業もこれから本格的に働き⽅を⾒直す企業も、どうすれば理想の働き⽅に適したテクノロジーを⽤意することができるのか。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、⼈々の「働き⽅」に対する意識を変えつつある。オフィスに従業員が集まって働くスタイルから、感染症防⽌のために従業員が⾃宅で働く体制への移⾏が進んだ。その⼀⽅で、⼀時的な施策として始めたテレワーク体制が⻑期化したことで、課題や弊害が⽣じた企業もある。

業務効率やセキュリティ対策などの⾯でデメリットやリスクが⽬⽴つようになったことがきっかけとなり、COVID-19のパンデミック(世界的⼤流⾏)の終息以降は従業員をオフィスに戻す⽅針を打ち出す企業もある。企業は現在、新たな働き⽅の実現に向けた重要な分岐点にあると⾔えよう。

そこで今注目されている、どのような働き方でもセキュリティを維持できるようにする⽅法の⼀つが、仮想デスクトップだ。テレワークの普及とともに仮想デスクトップの選択肢も豊富になっており、⾃社にとって、より最適な選択ができるようになってきた。セキュリティ対策と業務効率を両⽴させながらテレワークを続けるには、どのような選択をすればいいのか。

テレワークに付き物のセキュリティリスクを解消するには

テレワーク体制が順調に定着した企業は「従業員のワークライフバランスが実現した」「オフィスコストが削減できた」「業務効率がむしろ向上した」とさまざまなメリットを得ている。その⼀⽅でコロナ禍という予期せぬ事態に直⾯し、⼗分な検討時間を取れないままテレワークを導⼊したために、さまざまな課題が顕在化している企業もある。

シトリックス・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス)の武⽯隆治⽒(セールスエンジニアリング本部パートナーSE部)によれば、テレワークがもたらすセキュリティの課題は決して無視できない状況だという。従業員が業務⽤PC を持ち運び、オフィスの外で仕事をする場合、PCの紛失や盗難、データの不正持ち出しによりPC内に保管されている重要データが漏えいするリスクが⾼まる。従業員が利⽤する⾃宅ネットワークは企業のネットワークインフラと⽐べセキュリティ対策が弱い傾向にあるため、サイバー攻撃の被害にも遭いやすくなると武⽯⽒は指摘する。

そこでシトリックスは、ユーザー企業がこうした課題を解決してより安⼼・安全なテレワークを実現できるようにするために、仮想デスクトップインフラ(VDI)製品/サービスを提供している。VDIはアプリケーションやデータを管理するデスクトップをクライアント端末ではなくデータセンターにあるサーバで稼働させ、クライアント端末にはその画⾯データのみを転送・表⽰する。データをクライアント端末内に⼀切保管しないため、情報漏えいのリスクを⼤幅に低減できる。

シトリックスの⽶国法⼈Citrix Systems(以下、Citrix)は、このVDIの分野における草分け的な存在だ。武⽯⽒は「CitrixのVDIは30年以上の歴史を持っており、世界中で数多くの企業・組織に提供してきた実績があります」と話す。同⽒はCitrix 製品の強みや特徴に『エクスペリエンス』『チョイス』『セキュリティ』の3点を挙げる。Citrix製品は⾼度な画⾯転送テクノロジーにより、⾼速なレスポンスと快適なユーザーエクスペリエンスを提供する。⽤途に応じて多様なデスクトップ環境を設定できる選択(チョイス)の幅もある。セキュリティ対策としては、安全なテレワークを実現するために多要素認証や独⾃の暗号テクノロジーを⽤意している。

従来型VDIとDaaSのメリットを併せ持つ「FJDaaS with Citrix Cloud」

従来のVDIはユーザー企業が⾃社にサーバやストレージを導⼊してシステムを構築し、運⽤する必要があった。この⽅法は⾃社の要件に応じて細かくVDIをカスタマイズでき、さらにセキュリティを確保しやすいというメリットがある。⼀⽅で仮想デスクトップの導⼊に⻑期間を要したり、構築や運⽤に多額のコストを要したりするなど、⼿軽さに⽋けるのも事実だ。

そこで近年注⽬を集めるのが、仮想デスクトップをクラウドサービスとして提供するDaaS(Desktop as a Service)だ。仮想デスクトップに必要なインフラの構築や運⽤をDaaSベンダーが実施するため、時間やコスト、⼈⼿を⼤幅に節約しつつ、セキュアなテレワークを実現できる。

ただしDaaSで⾃社の要件を満たせるとは限らない。VDIと⽐べれば、カスタマイズ性やデータ転送速度、セキュリティなどの点で⾒劣りすることもある。これを受けてシトリックスは⻑年のビジネスパートナーである富⼠通と共同で、従来型VDIとDaaSのメリットを併せ持つ「DaaS 2.0」をコンセプトにした次世代のDaaS「FJDaaS with Citrix Cloud」の提供を開始した。

このサービスは、CitrixのVDI製品「Citrix Virtual Apps and Desktops Service」とMicrosoftが提供するDaaS「Azure Virtual Desktop」、富⼠通が提供する仮想デスクトップの構築・運⽤管理サービスを組み合わせて、新しいタイプのDaaS としてユーザー企業に提供するというもの(図1)。

図1 FJDaas with Citrix Cloudのサービス内容(出典:富士通資料)

「Azure Virtual Desktop⾃体は単体でもDaaSとして利⽤できますが、Citrix Virtual Apps and Desktops Serviceと組み合わせることで『エクスペリエンス』『チョイス』『セキュリティ』を⾼いレベルで実現し、⼀般的なDaaSよりカスタマイズ性を高められるようになります」と武⽯⽒は話す。FJDaaS with Citrix CloudはIDが1つから利⽤可能であるため、極⼒利⽤料⾦を抑えてスモールスタートしたいという需要にも応えられるようになっている。

Azure Virtual DesktopをCitrix製品と組み合わせ、より快適かつセキュアに

FJDaaS with Citrix Cloudをシトリックスと共同開発した富⼠通の櫻井⼀⼈⽒(マネージドインフラサービス事業本部 デジタルワークプレイス事業部 テレワークビジネス部 マネージャ)は、Azure Virtual DesktopにCitrix Virtual Apps and Desktops Serviceを組み合わせて利⽤することで得られるメリットについて、次のように述べる。「仮想デスクトップのマスターイメージの管理や運⽤が容易になることに加え、Microsoft Azure の専⽤線サービス『ExpressRoute』を介したAzure Virtual Desktopへのセキュアな閉域網接続が可能になります。さらにはCitrix 独⾃の画⾯転送プロトコルで通信トラフィックを20〜30%軽減できるため、従業員は⾃⾝のデスクトップをより快適に利⽤できるようになります」

「Microsoft Teams」や「Zoom」などのWeb会議ツールを従来のVDIやDaaSで利⽤する場合、映像や⾳声が遅延し使い勝⼿が低下することがある。Citrix Virtual Apps and Desktops ServiceであればCitrixが提供する最適化ツールを使えるため、こうした問題を解決して快適に利⽤できるという。

Azure Virtual Desktopは、⼀般的なDaaSとしての特徴に加え、「Windows 10 マルチセッション」と呼ばれる機能を使うことで1つの仮想デスクトップを複数のエンドユーザー間で共有できることも強みだ。この機能によって、仮想デスクトップの数を減らして運⽤コストを削減できるというメリットがある。Citrix Virtual Apps and Desktops Serviceは仮想デスクトップのリソース消費を最適化する機能を備えているため、Azure Virtual Desktopと組み合わせることで、さらに多くのエンドユーザー間で仮想デスクトップを共有しコスト削減ができるようになる。

システムの構築・運⽤・メンテナンスは富⼠通が実施

これら数々のメリットを⼿に⼊れるには、Azure Virtual DesktopとCitrix Virtual Apps and Desktops Serviceを適切に組み合わせてDaaSを構築・運⽤する必要がある。これには⾼度なノウハウが必要で、⼀般企業が⾃前で実現するのは難しい場合がある。FJDaaS with Citrix Cloudは、富⼠通がVDIの構築と運⽤に必要なほとんどの作業を担当する。Azure Virtual Desktopが稼働する「Microsoft Azure」のインフラはユーザー企業が⽤意する必要があるが、そこで稼働する仮想デスクトップや、Citrixの仮想デスクトップ管理製品の導⼊と構築を含め、運⽤管理やメンテナンスなどを富⼠通が請け負う。これによりユーザー企業は、⾼度なITスキルや⼤容量のITインフラを⽤意しなくてもFJDaaS with Citrix Cloudを利⽤可能だ。

富⼠通はユーザー企業が実施する運⽤タスクを代⾏する「VDIサポートサービス」を提供しており、FJDaaS with Citrix Cloudもこのサービスメニューに加わった。FJDaaS with Citrix Cloudは仮想デスクトップのリソースの調整や監視をユーザー企業の担当者がセルフサービスポータルを通じて実施できるようになっているが、VDIサポートサービスを使えばこれらの作業を富⼠通が代⾏する(図2)。

図2 VDIサポートサービスのサービス内容(出典:富士通資料)

武⽯⽒はFJDaaS with Citrix Cloudのようなユニークなサービスが実現した背景として、Citrixと富⼠通、そしてMicrosoftとの間で結ばれている密接なパートナー関係を挙げる。Citrix とMicrosoft は30 年以上にわたってパートナーシップを継続しており、共に仮想デスクトップテクノロジーを進化させている。Citrix と富⼠通の協⼒関係は1997 年のCitrix の⽇本市場参⼊時にさかのぼり、Citrix製品の国内ユーザー企業への導⼊において重要な役割を果たしている。「こうしたパートナー企業との協業を通じて、今後もさらにお客さまに寄り添い、戦略的な利活⽤ができる次世代DaaSの開発と提供を進めていきたいと考えています」(武⽯⽒)

シトリックス・システムズ・ジャパンの武⽯隆治⽒
富士通 櫻井⼀⼈⽒

PDFでもご覧いただけます

「マネージドサービス」に関するお問い合わせ

ページの先頭へ