GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. CRM(顧客接点力強化) >
  4. Salesforce CRM >
  5. 事例 >
  6. JX日鉱日石エネルギー株式会社様

特約店様やメーカーとパートナーポータル上で 案件情報を共有できる環境を構築

クラウド導入事例 JX日鉱日石エネルギー株式会社様 本社前プロメテウス像の写真 (注)JX日鉱日石エネルギー株式会社様 本社前プロメテウス像

JX日鉱日石エネルギー株式会社様 導入事例


JX日鉱日石エネルギー様は2009 年より、家庭向け燃料電池・太陽光発電システムの販売を開始した。販売台数の増加により、当初の手作業による見積・受発注処理の作業に加え、メールに依存した進捗状況確認の作業負荷が次第に大きくなってきた。早急な業務効率化が必要と判断した同社は、ダイナミックに成長する事業の可能性を考慮し、システムニーズの環境変化に迅速に対応できるクラウド型サービスの利用を決めた。導入に際しては、「Salesforce」のプラットフォーム上に、見積・受発注のパッケージ機能を備えた「GLOVIA OM」を採用し、開発期間の早期化を実現。また、パートナーポータル機能を活用し、特約店様、同社、メーカーが案件の進捗状況をインターネット上でリアルタイムに共有できる仕組みを構築した。

[ 2012年3月15日掲載 ]

ソリューション SaaSを採用していますPaaSを採用していませんIaaSを採用していませんDaaSを採用していませんNetWorkを採用していませんプライベートクラウドを採用していません
Salesforce CRM、GLOVIA OM
選んだ理由 クラウドサービスは、従来のサーバ設置型とは異なり、事業の拡大に合わせて柔軟にシステムリソースを増強できる
採用のポイント 早期稼働の実現 (開発期間6ヵ月)、システムリソース増強の柔軟性、ネットワークインフラ構築が不要なこと
業種 製造業

JX日鉱日石エネルギー株式会社 情報システム部IT 推進1 グループ アシスタントマネージャー 高田 勝 氏
「見積や受発注機能だけでなく、事業の成長に合わせてシステムリソースを増強できる柔軟性、さらにインターネットから特約店様もアクセスできるので、新規のネットワークインフラの構築が不要という点を評価しました」

【課題と効果】
1 メールを中心とした見積・受発注処理手続きの状況確認作業が、事業の拡大に伴い負担となる。メール管理の負荷を軽減したい arrow2-c 見積・受発注業務を行うパートナーポータルを構築。特約店様と案件内容やステータスをリアルタイムに共有することで、メール管理の負担から解放
2 事業の成長スピードに合わせて柔軟に拡張できるシステムが必要 arrow2-c クラウド型サービスを選択することで、事業拡大に合わせた柔軟なシステムリソース増強が可能

入力フォーム 本事例に関するお問い合わせ

導入の背景

新エネルギー事業への進出

JX日鉱日石エネルギー様は、エネルギー・資源・素材における創造と革新を通じて、持続可能な経済・社会の発展に貢献するJXグループの中核事業会社です。石油精製と販売を手がける国内最大手の石油元売り企業の同社は、「ENEOS サービスステーション」で広く知られていますが、近年、燃料電池、太陽光発電などを組み合わせた一般家庭エネルギー分野のインテグレーションにも力を入れています。送電ロスの少ない分散型発電を組み合わせ、各家庭に適したエネルギーライフを提案する同社の目指すところは「ホームエネルギーの主治医」です。

販売増に伴いE メール管理が煩雑化

JX日鉱日石エネルギー株式会社 情報システム部IT 推進1 グループ アシスタントマネージャー 高田 勝 氏の写真 高田 勝
JX日鉱日石エネルギー株式会社
情報システム部IT 推進1 グループ
アシスタントマネージャー

2009 年7 月から、燃料電池・太陽光発電システムの一般向け販売を開始した同社は、当初、特約店様やメーカーとの間でとりかわす見積・発注書などをExcel で作成し、E メールでやり取りしていました。施主であるお客様からの見積依頼や注文は特約店様が聞き取り、Excel に転記され、同社にメールされます。同社はそれを受けてメーカーに納期などを確認。今度はメーカーから同社、同社から特約店様へとE メールが何往復もして案件が成立していました。
発売開始から1年ほどは、手作業によるこの作業もなんとか回っていました。しかし販売台数が増えるにつれて作業量は増加していきました。注文内容の変更が発生したり、「あの件はどうなった?」といった問い合わせに応える作業も発生し、情報が錯綜することもあります。同社情報システム部 IT 推進1 グループ アシスタントマネージャーの高田勝氏は「情報の行き違いによる商品到着の遅れは、施主さんに迷惑がかかるので許されません。手作業でメールをやり取りする方法では、どこかでメールが滞っていないか常に確認作業が必要となり、社内だけでなく特約店様の負荷も増大してしまいます。このような状況から、一連の業務を効率化させるためのシステム化ニーズが高まっていました」と述べています。

導入のポイントとシステムの概要

事業規模の急拡大に対応する柔軟なシステムを求めて

2010 年4 月、同社は「Salesforce」のプラットフォーム上で稼働する「GLOVIA OM」によるシステム構築を決定。高田氏はその理由をこう語っています。「見積や受発注といったパッケージ機能だけでなく、事業の成長に合わせてリソースをすぐに追加できる柔軟性、さらにインターネット経由で特約店様が参加・情報共有できるといった点を評価しました」。一つの方法としては、業務フローが固まってからシステム化にとりかかるという考え方もありました。新規事業の場合、商品のラインナップの増加や新規メーカーの参入により商流が変わるなど、業務が流動的だからです。しかし情報の行き違いなどリスクが高まりつつある状況を考慮すると、柔軟なシステムを早急に導入する必要がありました。高田氏はまた、こうも語っています。「今後、事業規模は拡大していくことが予想されます。しかしどこまで広がるか正確につかめません。自前のサーバを持つ場合、蓄積データが当初予想したキャパシティに収まらなくなると早急にインフラを増強しなければなりませんが、反対に最初から過剰な容量を準備すれば無駄なコストになってしまいます。事業規模の拡大に柔軟に対応できるクラウドシステムのメリットが、今回の採用理由の一つになりました」。

ユーザーインターフェースへの徹底したこだわり

person-photo02-n.jpg 井出 敏史
JX日鉱日石エネルギー株式会社
新エネルギーシステム事業本部 システムインテグレート推進事業部
新エネルギー統括グループ
アシスタントマネージャー

要件定義の段階では、ユーザーインターフェース部分、とくにパートナーポータル画面の改良について議論が交わされました。同社担当者が操作する上ではまったく問題はありませんでしたが、今回のシステムは特約店様に注文していただく場面で使われます。そこで一部画面について、専用の画面を作り込む作業が加えられました。同社新エネルギーシステム事業本部 システムインテグレート推進事業部 新エネルギー統括グループ アシスタントマネージャーの井出敏史氏はこう述べています。「特約店様の使いやすさを考え、直感的に操作できるユーザーフレンドリーなアマゾンのようなシステムを目指しました。操作マニュアルは作りましたが、それを見なくても注文操作ができるよう、例えばボタン遷移は左から右へなど細部にもこだわり、富士通さんに要求し続け応えていただきました」。こうして2011 年4 月、新システムが稼働開始したのです。

fig-01.jpg

導入効果と今後の展開

案件の進捗状況を関係者すべてで共有

最大の導入効果は、受発注業務を手作業で行うことによる情報の行き違い、漏れなどのリスクがなくなったことです。特約店様やメーカーとの間で交わされていた電話、ファックスによるやり取りは、すべてシステム上で行われ、双方がリアルタイムでデータを共有できるようになりました。例えば特約店様からの「納入希望日の変更」といった情報は、その瞬間にシステムに取り込まれ、タイムスタンプが押され、ログが保存され、進捗状況が表示されます。以前のように情報を受け取った担当者が転記する作業は不要となりました。転送すべきエスカレーション先に間違いなく送信したか、また進捗状況を確認するためのEメールチェックなどの管理作業も不要となりました。「特約店様やメーカーと案件がどのフェーズまで進んだか、リアルタイムで共有できるので助かります。今は特約店様から『メール管理しなくて良いから楽になった』、『操作が簡単』というお声をいただいており、導入して良かったと感じております」(井出氏)。

最適なホームエネルギーへの提案に向けて

作業負荷が減ったと同時に受発注ミスのリスクが限りなくゼロに近づいたことは、大きなメリットです。井出氏はこう語ります。「当社の使命の一つは、より多くの皆さんに燃料電池、太陽光を利用したエネルギーシステムの利点をご理解していただき、それぞれのライフスタイルに合ったソリューションをご提案することです。ICTの力で受発注業務を効率化することで、ご提案活動に専心、専念できるようになります」。
富士通グループは、これからもお客様の事業展開に最適なクラウド型サービスを提供し、お客様とともに進化してまいります。

【JX日鉱日石エネルギー株式会社 様 概要】
所在地 東京都千代田区大手町二丁目6番3号
代表者 代表取締役社長 木村 康
設立 1888年(明治21年)5月
事業内容 石油製品の精製・販売、石油化学製品等の製造・販売、ガス・石炭の輸入・販売、電気の供給、燃料電池、太陽電池、蓄電装置などの開発、製造および販売
従業員数 単体:7,064名、連結:14,011名(2011年3月末時点)
ホームページ JX日鉱日石エネルギー株式会社ホームページ新規ウィンドウが開きます
logo-00.gif

【ご紹介したサービス】

【導入事例(PDF版)】

Salesforce CRM 資料請求

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

Salesforce CRMに関するお問い合わせ・ご相談

box01_ttl_web.gif

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

box01_ttl_tel.gif

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)