認定条件

富士通ソフトウェアマスターの各資格の認定条件は、以下のとおりです。

種別 認定条件
Agile Database Agile・Database以外(注1
Associate

以下のいずれかのコースを受講し、確認テストに合格すること

  1. 「【富士通ソフトウェアマスター Agile認定】アジャイル開発 はじめの一歩」(講習会)
  2. 「【富士通ソフトウェアマスター Agile認定】【e講義】アジャイル開発 はじめの一歩」(eラーニング)

以下のeラーニングコースを受講し、確認テストに合格すること

  • 「富士通ソフトウェアマスター Associate Database 認定eラーニング」

各資格に対応した以下のeラーニングコースを受講し、確認テストに合格すること

  • 「富士通ソフトウェアマスター Associate Security 認定eラーニング」
  • 「富士通ソフトウェアマスター Associate Operations Management 認定eラーニング」
  • 「富士通ソフトウェアマスター Associate Service Platform 認定eラーニング」
  • 「富士通ソフトウェアマスター Associate Cloud 認定eラーニング」
  • 「富士通ソフトウェアマスター Associate Mobile 認定eラーニング」
Professional

以下のコースを受講し、確認テストに合格すること

  • 「【富士通ソフトウェアマスター Agile認定】スクラム研修」(講習会)

以下の2つの条件のどちらかを満たしていること

  1. 「FC Professional Database」試験の合格
    (本試験はLPI-Japanの「OSS-DB Exam Silver」試験を採用しています)
  2. 有意(注2)なLPI-Japan「OSS-DB Silver」資格の保有

各資格に対応した以下の試験に合格すること

  • 「FC Professional Security」試験
  • 「FC Professional Operations Management (System Control)」試験
  • 「FC Professional Operations Management (Automation)」試験
  • 「FC Professional Service Platform」試験
  • 「FC Professional Service Platform (Form)」試験
  • 「FC Professional Cloud」試験
  • 「FC Professional Mobile」試験
Senior Professional

以下のコースを受講し、発表内容が基準値に到達すること

  • 「Agile+ Studio Dojo」(講習会)

以下の2つの条件を満たしていること

  1. 「FUJITSU Certified Senior Professional Database」試験の合格
    (本試験はLPI-Japanの「OSS-DB Exam Gold」試験を採用しています)
  2. 有意(注2)なLPI-Japan「OSS-DB Silver」資格の保有

または、以下の条件を満たしていること

  • 有意(注2)なLPI-Japan「OSS-DB Gold」資格の保有

以下の2つの条件を満たしていること

  1. 各資格に対応した以下の試験の合格
    ・「FC Sr.Professional Operations Management (System Control)」試験
    ・「FC Sr.Professional Operations Management (Automation)」試験
    ・「FC Sr.Professional Service Platform」試験
  2. 対応する分野の有意(注3)なProfessional資格の保有
Master

以下の条件を満たしていること

  • 有意(注4)なScrum Alliance社「Certified ScrumMaster®」(CSM®)資格の保有

以下の2つの条件を満たしていること

  1. 「富士通ソフトウェアマスター データベース 認定試験」の合格
  2. 有意(注3)な「FUJITSU Certified Senior Professional Database」資格の保有

以下の2つの条件を満たしていること

  1. 各資格に対応した以下の試験の合格
    ・「富士通ソフトウェアマスター 運用管理(システム管理)認定試験」
    ・「富士通ソフトウェアマスター 運用管理(自動化)認定試験」
    ・「富士通ソフトウェアマスター サービス基盤 認定試験」
  2. 上記試験に対応する分野の有意(注3)なSenior Professional資格の保有
  • 注1)
    Agile・Database以外とは、以下の分野のことです。
    Security、Operations Management、Service Platform、Cloud、Mobile
  • 注2)
    資格の有意性の期限は、LPI-Japan「OSS-DB」資格に準じます。
  • 注3)
    資格の有意性の期限:認定日より5年
  • 注4)
    資格の有意性の期限は、Scrum Alliance社「Certified ScrumMaster®」(CSM®)資格に準じます。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ