GTM-MML4VXJ
Skip to main content

トレンドマイクロ製品(Trend Micro)
サーバ&クラウドセキュリティソリューション

物理環境、仮想環境、クラウド環境のサーバのセキュリティ課題を解決します。
ウイルス対策、脆弱性対策、入口・内部・出口対策などによって、お客様の重要なデータを保持するサーバを保護します。

課題1

  • サポート切れOSのセキュリティを確保したい
  • サイバー攻撃からサーバを守りたい
  • VDIシステムでウイルススキャンストームを回避したい
  • 多数ある仮想サーバ、仮想クライアントのウイルスパターンファイルを更新する手間を省きたい
  • PCI DSS認証を取得したい

対応製品

Deep Security

課題2

  • クラウドに移行するサーバのセキュリティ対策
  • クラウドでは共用Firewallだけでなく、各サーバの用途に最適なFirewallの設定をしたい

対応製品

Deep Security as a Service(DSaaS)

課題3

  • シンプルにサーバ数台のウイルス対策のみを行いたい

対応製品

Server Protection for Windows
ServerProtect for Linux

Deep Security

サーバが抱えているセキュリティ課題を6つのセキュリティ機能で仮想化・クラウド・物理環境にまたがってトータルに解決します。導入に伴いネットワークの構成変更はなく、必要なサーバに必要な数だけ導入することができます。管理サーバによって統一したセキュリティポリシーを実現します。

富士通SupportDeskに対応していますので、サーバのハードウェアからOS・アプリケーションまで、ワンストップのサポートを提供します。

特長

Deep Securityはお客様の様々な課題を解決します。

  • 物理環境、仮想環境、クラウド環境を問わず、共有のポリシーで対策でき、容易に管理
  • エージェントレス型ウイルス対策で、VDIを含めた仮想環境のウイルススキャンストームの回避や、パターンファイルアップデートの管理コストを軽減
  • VMware NSXとの連携により、感染した仮想マシンを自動隔離し、ウイルスの拡散を防止
  • PCI-DSS認証を取得するための準拠支援ツールとして第3者機関認証を受けており、取得の負担を軽減
  • 脆弱性対策(仮想パッチ)機能により、サポート切れOSのセキュリティリスクを軽減
  • Firewall、IDS、WAF機能により、お客様の個人情報/機密情報の漏えいリスクを軽減

システム要件

富士通サーバ ISV/IHV技術情報新規ウィンドウが開きます をご確認ください。

導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

Deep Security as a Service (DSaaS)

クラウド基盤では、ウイルス対策や脆弱性対策など、お客様側の責任で用意することが前提の対策があります。
移行先の環境によって必要な対策を把握することが重要です。

特長

「Deep Security as a Service」は、Deep Securityのクラウド型セキュリティサービスです。

  1. サーバ1台分からのスモールスタートが可能
  2. 管理サーバの所有/構築が不要
  3. ライセンスは月額払い

当社の以下クラウドサービスからオプション製品として提供中。

  • FUJITSU Cloud Service for OSS

システム要件

富士通サーバ ISV/IHV技術情報新規ウィンドウが開きます のDeep Securityをご確認ください。

導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

Server Protection for Windows

法人向けWindows サーバ向けウイルス対策製品として実績のある製品です。ミッションクリティカルなサーバのセキュリティ管理の一元/統合化を実現、端末毎のきめ細かな設定やポリシー管理を実現します。

特長

サーバ運用時に求められるタスク管理の設定が可能、柔軟な運用性を実現

  • 統合管理機能やきめ細かい設定・ログ情報などを提供
  • 仮想化環境、シンクライアントなど企業ITで求められる環境に対応 (VMware, Citrix)
  • Trend Micro Control Managerで統合管理を実現

システム要件

富士通サーバ ISV/IHV技術情報新規ウィンドウが開きます をご確認ください。

ServerProtect for Linux

多種多様な脅威からお客様のビジネス基盤を守り続ける Linux セキュリティ対策。Linuxの脅威だけでなく、Webサーバやファイルサーバなどとして使われるLinuxマシンがWindows などのクライアントへ脅威を広げないようにウイルスやスパイウェアをリアルタイムに検出し、クライアントPCからの感染やサーバからクライアントPCへの被害拡大を防止します。また、webベースの管理コンソールで、設定や詳細なログなどを参照したり、Trend Micro Control Managerとの統合的な連携で徹底的かつ効率的な運用を実現します。

特長

Linuxだけでなく、Windows環境を狙ったウイルスをリアルタイムに検出し、LinuxからWindowsへの脅威拡大を防止

システム要件

富士通サーバ ISV/IHV技術情報新規ウィンドウが開きます をご確認ください。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)