GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. パートナーソフトウェア >
  5. Arcserve® >
  6. 技術情報>
  7. SHA-1 ハッシュ アルゴリズム廃止による影響

SHA-1 ハッシュ アルゴリズム廃止による影響

対象製品

  • Arcserve UDP (全製品)
  • Arcserve Backup (全製品)
  • Arcserve Replication (全製品)
  • CA ARCserve D2D (全製品)

上記製品と同等のアップグレード製品、ライセンス製品、旧製品名称の製品も対象です。

詳細

マイクロソフト社より、SHA-1 ハッシュ アルゴリズムで署名された証明書の廃止が予告されています。
SHA-1 ハッシュ アルゴリズムで署名された証明書の廃止による、Arcserve 関連製品の機能への影響と、対処方法は以下の通りです。 最新情報は Arcserve 社のサイトを参照ください。

【Arcserve UDP】

【Arcserve Backup】

【Arcserve Replication】

【CA ARCserve D2D】

留意事項

  • クラウドストレージや、 VMware vCenter Server/ESXi Server へ接続を行う機能では、接続先のサーバで発行された証明書が使用されます。この場合、接続先サーバ側での対処が必要となります。

関連情報