GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Arcserve®
サービス&サポート

サポートサービスについて

Arcserve 製品を既にご利用頂いているお客様向けに、当社の保守・運用支援サービス「SupportDesk」と連動したサポートサービスをご提供いたします。


Arcserve 製品に関する障害・回避手段等の運用支援情報のご提供は、当社における過去のお問い合せ事例および運用ノウハウに基づく内容になります。
システムの安定稼働のために、Arcserve 社から公開される以下の情報もあわせてご確認下さい。
Arcserve 社サポート情報新規ウィンドウが開きます [Arcserve 社サイトへのリンク]

Arcserve 製品の使用範囲について

Arcserve 製品のライセンスの使用は、ライセンス契約者本人のデータ、またはライセンス契約者が過半数の株式(持分)を所有する子会社のデータを処理する場合に限定されます。
詳細は、以下の「Arcserve シリーズ製品使用権許諾契約書」の7項を参照して下さい。

他社 PC サーバ上への Arcserve 製品の導入について

他社 PC サーバ上への Arcserve 製品の導入は、以下のサポート条件に対してすべて合意する場合に限りサポートします。

  1. 使用している Arcserve 製品が、Arcserve UDP v6、Arcserve Backup r17、Arcserve Replication r16.5 以降のバージョンであること。
  2. 使用しているすべての Arcserve 製品について、当社から購入されており、かつ SupportDesk 契約が締結されていること。
    注: 当社で販売していない Arcserve 製品コンポーネントが含まれている場合はサポートしません。
  3. 富士通版 Arcserve が当社ハードウェアでサポートしている OS/アプリケーションの組み合わせとすること。
  4. 富士通版 Arcserve がサポートとしている環境、および Arcserve 製品の機能の範囲とすること。
  5. ハードウェアサポート契約を、ハードウェアベンダーと締結していること。
  6. 基盤プラットフォーム(OS/仮想化ソフトウェア)のサポート契約を、当社またはベンダーと締結していること。
  7. アプリケーション エージェント製品を使用している場合、対応するアプリケーションのサポート契約を、当社またはベンダーと締結していること。
  8. 他社 PC サーバ環境固有のコンポーネントに関する仕様確認や障害調査、ハードウェア保守等が必要と判断された場合、それらの調査依頼・ SE/CE 手配等はお客様側で行うこと(当社サポートとハードウェアベンダーとは直接連携した対応はしない)。
  9. 他社バックアップ装置に対するサポート範囲は、Arcserve のログ上からの切り分けのみ実施し、バックアップ装置側に依存する問題の場合は、ハードウェアベンダーでの調査とすること。
  10. 他社 PC サーバのシステム領域のバックアップや復旧等、他社ハードウェアに依存する問題である場合は、当社サポートで対応できない場合がある。
  11. 他社 PC サーバおよび他社バックアップ装置における性能についての保証はしない。
  12. 当社が以下に該当する対応を行わないことについて、同意いただけること。
    • PRIMERGY 用の OS 環境情報収集ツール(QSS)に相当するツールの提供
    • 他社 PC サーバ/他社製ソフトウェアを用いた実機動作検証 (個別修正提供時の動作検証を含む)
    • 当社で提供していないハードウェア/ソフトウェア/サービスとの動作整合および性能に関する調査
    • 他社 PC サーバ固有の環境/機能を考慮した作業手順の提示
    • 他社 PC サーバ固有の環境/機能に関する注意喚起や技術情報の広報対応

他社クラウド上への Arcserve 製品の導入について

他社クラウド上への Arcserve 製品の導入は、以下のサポート条件に対してすべて合意する場合に限りサポートします。

  1. 使用している Arcserve 製品が、2017年3月より販売されている、Arcserve UDP v6.5、Arcserve Backup r17.5、Arcserve Replication r16.5 以降のバージョンであること。
  2. 使用しているすべての Arcserve 製品について、当社から購入されており、かつ SupportDesk 契約が締結されていること。
    注: 当社で販売していない Arcserve 製品コンポーネントが含まれている場合はサポートしません。
  3. 富士通版 Arcserve が富士通クラウドでサポートしている OS/アプリケーションの組み合わせとすること。
  4. Arcserve 社が下記のサイトで公開しているArcserve 製品の動作要件・仕様を超えて使用しないこと。
  5. 上記 4. の条件の他に、富士通版 Arcserve がサポートとしている環境、および Arcserve 製品の機能の範囲とすること。
  6. 基盤プラットフォーム(OS/仮想化ソフトウェア)のサポート契約を、当社またはベンダーと締結していること。
  7. アプリケーション エージェント製品を使用している場合、対応するアプリケーションのサポート契約を、当社またはベンダーと締結していること。
  8. 他社クラウド環境固有のコンポーネントに関する仕様確認や障害調査、仮想化インフラの保守等が必要と判断された場合、それらの調査依頼・SE 手配等はお客様側で行うこと(当社サポートとハードウェアベンダーとは直接連携した対応はしない)。
  9. バックアップ先のサポート範囲は、バックアップサーバが認識する仮想ディスクのみとし、Arcserve のログ上からの切り分けのみとする。バックアップ先に依存する問題の場合は、クラウドベンダーでの調査とすること。
  10. 性能についての保証はしない。
  11. 当社が以下に該当する対応を行わないことについて、同意いただけること。
    • PRIMERGY 用の OS 環境情報収集ツール(QSS)に相当するツールの提供
    • 他社クラウド環境/他社製ソフトウェアを用いた実機動作検証 (個別修正提供時の動作検証を含む)
    • 当社で提供していないハードウェア/ソフトウェア/サービスとの動作整合および性能に関する調査
    • 他社クラウドベンダー固有の環境/機能を考慮した作業手順の提示
    • 他社クラウドベンダー固有の環境/機能に関する注意喚起や技術情報の広報対応

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)