パソコンからの情報漏えい防止、内部不正の未然防止

FUJITSU Software Systemwalker Desktop Keeper

Systemwalker Desktop Keeper(システムウォーカー デスクトップ キーパー)は、パソコン、仮想端末のログ収集を実現し、パソコン操作の記録と禁止および原本保管による、情報漏えい対策ソフトウェアです。多言語環境のパソコンを使用する利用者の業務内容や環境に合わせた情報漏えい対策ができます。

Systemwalker Desktop Keeperでできること

記録機能

利用者の端末操作を記録し情報漏洩に繋がる操作を検索/追跡

  • 利用者が実施したUSBデバイスへのファイル持ち出しや印刷操作などの情報漏洩に繋がる操作をログとして記録
  • 記録したログをキーワード、期間などの指定条件を元に柔軟に検索
  • 発見した持ち出し操作を元に前後の操作を追跡
  • USBデバイスへの持ち出し時にファイル原本も併せて記録することで漏洩時の影響を把握

禁止機能

情報漏洩リスクのある操作を未然に防止するために利用者の業務上不要な操作を禁止

  • 社内のセキュリティポリシーに基づき、端末/利用者単位で業務に不要な操作を禁止
  • 特定のUSBデバイスへの持ち出し許可、持ち出し時のファイル暗号化強制など、必要なシーンに応じ安全な持ち出しを許可
  • メールの社外送信時にファイルの添付禁止・暗号化を強制による許可など、日常的に発生する社外との業務における誤操作を防止

レポート出力機能

長期的に見た操作の傾向を知ることで内部不正を未然に防止

  • 組織ごとの持ち出し回数や禁止行為の実績等、操作傾向をExcelレポートとして出力
  • レポートの分析結果を基にセキュリティポリシーの見直しを行うなど、効果的な情報漏えい対策を行うことが可能
  • 検知ルールを元にしたパソコンの操作ログを調べることで、不審な持出しなどの内部不正リスクを検出

導入を検討中のお客様へ/ 導入いただいたお客様へ

製品の動作環境やサポート・サービスの詳細情報をご確認ください。

  • 動作環境を見る
  • 価格を見る
  • 無料体験版をダウンロードする
  • トレーニングを見る

Systemwalker Desktop Keeperは、ニューノーマル社会における新たな働き方改革を実現するソリューション「FUJITSU Work Life Shift」にラインナップされています。詳細は「FUJITSU Work Life Shift」のページをご覧ください。

FUJITSU Work Life Shift

Systemwalker Desktop Keeper に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
お問い合わせ専用ウェブフォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サービス&サポート情報
ソフトウェアを安心してご利用いただくために、保守・運用支援サービスをご用意しています。
システムの企画から運用・保守までを強力に支援する各種サービスをご用意しています。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ