Skip to main content

Fujitsu

Japan

Linux OS のインストール方法

Red Hat Enterprise Linuxの場合

RHEL OS のインストール方法はモデルの発表時期によって3つの方法があります。
PRIMERGYへのRed Hat Enterprise Linuxのインストールは、機種毎に異なったマイナーリリース レベルで行います。機種対応のサポートマイナーリリースレベルについては、サポート版数一覧でご確認ください。

なお、ServerViewによるハードウェア監視、ハードウェア保守へ影響を与えるEDAC機能の無効化については以下の留意事項をご確認ください。

EDAC機能の留意事項について(178KB)[2015年2月10日]

EDACが有効化された環境において、システム稼働中にLinuxログへメモリリードエラーやスクラビングエラーを検出する場合があります。 詳細については以下の留意事項をご確認ください。

EDAC機能の留意事項について 2(163KB)[2021年5月25日]

2020年1月以降発表モデルのインストール方法(2021年10月19日更新)

インストール資材 入手方法
OS
資材
インストールDVD
(Red Hat Enterprise Linux8.3以降はISOイメージがDVDの容量を超えたためご使用になれません。ISOイメージまたはUSBメモリをご使用ください。)
Linux OS 媒体バンドルを購入されたときに添付されるインストールDVD
または、ISOイメージを使用してお客様が作成したインストールDVD
Red Hat Enterprise Linux ISOイメージ または、起動可能なUSBメモリ
(起動可能なUSBメモリの作成方法は、Red Hatカスタマーポータルをご覧ください。)
Red HatカスタマーポータルからダウンロードしたISOイメージ、または、ISOイメージを使用して作成した起動可能なUSBメモリ
ServerView Suite DVD1
(ServerView Installation Manager:
セットアップ支援ツール)
本体添付
富士通Linuxサポートパッケージ
(FJ-LSP)
サポート契約されたお客様のみ対象。富士通のSupportDesk契約者向けサイトからダウンロード

インストール手順

  1. インストールメディアの準備

    Linux OS 媒体バンドルをご購入のお客様は本作業は不要です。
    「2. 富士通 Linuxサポートパッケージ(FJ-LSP)の準備」にお進みください。
    インストールに使用するISOイメージまたはUSBメモリを準備してください。

    1. (1) Red Hatカスタマーポータルから Red Hat Enterprise Linux X のISOイメージをダウンロード(注釈1)してください。
      ISOイメージをiRMC AVR/バーチャルメディア機能でご使用になる場合は(2)の作業は不要です。
      「2. 富士通 Linuxサポートパッケージ(FJ-LSP)の準備」にお進みください。
    2. (2) (1)でダウンロードしたISOイメージ使用して起動可能なUSBメモリを作成(注釈2)してください。

    注釈1 ISOイメージダウンロードにはRed HatカスタマーポータルへのログインアカウントとプロダクトIDが必要です。
    プロダクトIDは購入したLinux SupportDeskに添付される「Red Hat Network登録カード」に記載されています。
    プロダクトIDのアクティベートについては、Red Hatカスタマーポータルの「サブスクリプションについてのFAQ」をご覧ください。

    注釈2 起動可能なUSBメモリーの作成方法はRed Hatカスタマーポータルに公開されている『Red Hat Enterprise Linux 8 標準的なRHELインストールの実行』をご覧ください。

  2. 富士通 Linuxサポートパッケージ(FJ-LSP)の準備

    FJ-LSPは、サポート契約されたお客様のみ対象となります。FJ-LSPは富士通のSupportDesk契約者向けサイト「SupportDesk Web」からダウンロードしてください。

  3. Red Hat Enterprise Linuxインストール
    1. (1) SVIMを使用してRed Hat Enterprise Linuxをインストールしてください。
      使用するメディアによって3つの方法があります。
      • インストールDVDを使用してインストールする方法。
      • ISOイメージをiRMC AVR/バーチャルメディア機能(注釈1)により、ISOイメージをバーチャルメディアとして使用してインストールする方法。
      • USBメモリを使用してインストールする方法。この場合SVIMのガイドモード(注釈2)を選択してインストールしてください。
    2. (2) Red Hat Enterprise Linuxをインストール後にFJ-LSPを適用してください。
      FJ-LSPはSVIMのアプリケーションウィザードで FJ-LSPを適用してください。

    注釈1 iRMC AVR/バーチャルメディア機能を使用する場合は、「リモートマネージメントコントローラアップグレード」のオプションが必要です。

    注釈2 SVIMの「基本設定」のダイアログボックスの「インストール設定」の各項目に以下を指定してください。
    「インストールメディア」に "ハードドライブ" を選択
    「パーティション」に "RHEL ISO イメージのボリュームラベル名" を入力
    例: RHEL8.3 の場合 "RHEL-8-3-0-BaseOS-x86_64"
    「ディレクトリ」に”/"を入力

2009年4月から12月までの発表モデルのインストール方法

インストール資材 入手方法
インストールDVD
(ご利用のOS媒体)
Red Hat カスタマーポータルからダウンロード
PRIMERGY スタートアップディスク(DVD) PRIMERGYに添付
インストールキット 注釈1 ダウンロード検索

注釈1 PRIMERGYスタートアップディスクに収録されているディストリビューション以外のRed Hat Enterprise Linuxをインストールする場合にご利用ください。

インストール手順

インストール手順はインストール対象機種添付の「はじめにお読みください」をご覧ください。

2009年3月以前の発表モデルのインストール方法

Linux OSのインストール方法はご利用の機種によってインストール資材、入手方法が異なります。
インストール対象機種添付の「はじめにお読みください」をご覧ください。

アップデート方法

RHEL OSのアップデートに必要な資材と入手方法をご紹介します。

アップデート対象マイナーリリース 必要資材 入手方法
Red Hat Enterprise Linux 5.5 以降 ドライバキット ダウンロード検索
Red Hat Enterprise Linux 5.4 以前
Red Hat Enterprise Linux 4
アップデートキット ダウンロード検索

Red Hat Enterprise Linux 5.5より、該当マイナーリリースにアップデートするためのツール(アップデートキット等)をご利用いただくには、SupportDeskのご契約が必要になります。
ただし、アップデートキットに含まれていたドライバキットは、PRIMERGYダウンロード検索より入手できます。
なお、Red Hat Enterprise Linux 4 および 5.4以前に対してはアップデートキットをダウンロード検索から継続提供いたします。

SUSE Linux Enterprise Serverの場合

インストール資材 入手方法
インストールDVD
(ご利用のOS媒体)
SCC(SUSE Customer Center)からダウンロード
(インストールDVDは製品添付されません。)
ServerView Suite DVD1
(ServerView Installation Manager:
セットアップ支援ツール) 注釈2
本体添付

注釈2 SVIMでSLESをインストールする場合は英語版をご使用ください。(SVIMの日本語版では、SLESはサポート対象外です。)

インストール手順

  1. インストールDVDを作成します。
    インストールDVDはSCC(SUSE Customer center)からダウンロードして作成します。
    SCCへの登録については、SUSE社の次の記事をご覧ください。
    「SUSEパートナーから新しいOEM登録キーを入手した場合はどうなりますか?」
    1. SCCにログインします。
    2. ISOイメージの公開サイトページを開きます。
      インストールするディストリビューションを選択してください。
    3. Binary DiscのISOイメージをダウンロードします。
      ダウンロード画面にMD5チェックサムが表示されています。ダウンロードしたISOイメージのチェックサムが正しいか確認してください。
    4. ISOイメージから、インストールDVDを作成します。
  2. SVIMでインストールを行います。

注意事項SVIMを使用せずにインストールする方法については、SUSE社のSUSE Documentationページにある、インストールするディストリビューションのInstallation Quick StartやDeployment guideを参照ください。


FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)