ニューノーマル時代のBCPを支える
緊急連絡/安否確認サービス

「コロナ禍×自然災害」の複合的な脅威やワークスタイルの多様化に、今、企業がとるべきBCP対策は?
ニューノーマル時代の働き方の変化にともない、企業は事業継続計画(BCP)の見直しを求められています。
例えば、従来働く場所は自社のオフィスが中心であった企業も、テレワークの浸透により自宅や社外のサテライトオフィスなどへ分散しています。そのような状況で万が一の災害やトラブルが発生した際に、従来のBCPに基づいた対策だけでは十分とは言い切れないため、この時流に追随し複合的脅威への備えが求められています。

複合的脅威に備えるBCPの見直しポイント

感染症の脅威に対応したワークフローになっていますか?

多様なワークスタイルの中でも従業員の安全安心を確保できる対策を整えていますか?

予測不可能な自然災害に迅速に対応できますか?

自社の施設・設備やサプライチェーンも含め、事業を止めない対策を整えていますか?

緊急連絡/安否確認サービス で実現できること

企業と働く人々を取り巻く危機は、以前よりも多様化しており安否確認の活用範囲も広くなってきています。
従業員の安全確保を最大限に優先しながら、サプライチェーンマネジメント、事業継続に向けた施設・設備の被災状況確認など、初動対応を適切に行うことが重要です。

  • 従業員の日々の健康・安全管理働く場所や働き方が多様化した中でも、「感染予防の啓もう」や「日々の健康状態の把握」により、従業員一人ひとりの安全を守ることができます。
  • 感染症の拡大抑止に一貫して対応万が一感染の疑いが出た場合、迅速な緊急連絡と個々の従業員の状況把握により二次感染・感染拡大を防ぎ、操業停止を最小化する効果が期待できます。
  • 気象情報との連携による自動配信自然災害発生時、気象情報(地震、津波、注意報・警報・特別警報など)と連携して一斉配信します。迅速な初動対応は24時間365日行われ、「被災状況」「業務状況」の収集・把握に効果を発揮します。
  • 利用者の操作性、視認性を重視メール・スマートフォン専用アプリはUI(操作性、視認性)を重視しています。シンプルな回答操作手順で、慌ただしい状況においても簡単に回答できます。
  • 導入しやすく、管理者の負荷を軽減自動配信、自動集計など管理者の負荷を軽減する機能を備えています。また、従業員が時間にとらわれず使い方を自己学習できる「動画マニュアル」の活用により、導入時に開催する「操作説明会」などの手間の掛かる業務を軽減できます。
  • サプライチェーン・施設への対応拡大緊急時、多数のサプライヤー様へ、均一に連絡事項などを周知できます。また、従業員の安全確保以外に、施設・設備などの被災状況収集にも活用できます。

緊急連絡/安否確認サービス が選ばれる理由

富士通の緊急連絡/安否確認サービスは、2004年4月販売開始より17年間の豊富な導入実績、社内実践で裏付けられたノウハウにより、近年発生した自然災害において高い効果を実証しています。

  • 信頼性の高い
    データセンターで運用
    • 稼働率99.999%の高信頼性
    • 国内最高クラスの堅牢性・セキュリティ
    • ネットワーク、サーバーなどは富士通製品で冗長化構成
    • 事業継続性を徹底追及したTIER4に対応するセンターから災害時業務を支えます。(※)
      ※最大震度7の地震(東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震)でもしっかり稼働
  • 2004年サービス開始
    17年培った実績・ノウハウ
    • 450社・150万IDに及ぶ豊富な導入実績
    • 近年の大規模地震でも威力を発揮
    • 富士通グループ全体(約86,000ID)で社内実践
    • 大規模な訓練実施で定期的に性能評価と製品へのフィードバック
  • スピードと使いやすさ
    を徹底追及
    • 地震発生後から約5分~9分程度で一斉配信開始
    • 災害発生時に起こる通信の輻輳(混雑)と回答しやすさを考慮した手法を採用し、迅速な安否確認を実現
    • 誰でも操作しやすい回答操作ができるスマートフォン専用アプリをご用意(iPhone、Android用に対応)

※近年の大規模地震発生時の稼働実績(社内実践)

北海道胆振東部地震、大阪北部地震でも、迅速な初動対応で安否確認に威力を発揮しています。

北海道胆振東部(深夜)
2018年9月6日(金)3:08頃 最大震度:7
深夜に発生した災害でも5時間後には90%、7時間後に99.9%の状況把握が完了
大阪北部地震(通勤時)
2018年6月18日(月)7:58頃 最大震度:6弱
平日朝の発生では1時間後に94%、2時間後には99%の状況把握が完了

製品情報

    • 導入前に無料で体験できますか?
      法人向けに2週間ご提供いたします。
      ※但し、本サービスのご紹介済みであることが必要です。
      ※同業他社および個人の方のお申込みはお断りする場合がございます。
      費用について教えて下さい。
      お問合せフォームあるいは当社営業、富士通パートナへご依頼願います。その際、導入規模(社員数)をお伝えください。
      ※同業他社および個人の方のお申込みはお断りする場合がございます。
      他社からの切り替えはできますか?
      専門のスタッフが対応し、現状を踏まえご提案いたします。
      通知率を高めるために、未回答者への再送信はできますか?
      分単位で再送信間隔を設定できます。再送信回数は、最大20回まで指定できます。
      ※短い間隔で再送することでマナーモードでも気づきやすくなります。
      個人情報の管理は極力避けたい。個人のメールアドレスは、管理者権限を持つ担当者が閲覧できない仕組みですか?
      個人情報(メールアドレス)は、閲覧することはできません。さらに成りすまし防止として、個人が設定変更したパスワードは暗号化され閲覧できません。
      気象情報と連携する地域指定は、県単位だけですか?
      ご契約の際、「県単位」「市町村単位」のいずれかを選択いただきます。
      ※市町村単位は、地震、注意報警報のみ対応
      コロナ禍によりテレワークの浸透や3密を避ける傾向の中、説明会実施が難しいため導入しやすい手段はありますか?
      様々な働き方を踏まえ、効率良く時間を活用できることに配慮し、使い方を説明した動画マニュアルをご用意し導入をサポートします。
      各部署、課単位に管理者を設置し、各社員の登録状態のチェック及び是正をしたいが、管理者を多数設置できますか?
      標準機能で多数の管理者を設置できます。従業員の危機意識向上や登録状態の鮮度を保つための訓練等、普段からご利用いただく機会を増やすことは、災害発生時において即座に操作できる効果が期待できます。
      パスワード忘却の際、管理者への問い合わせによる負担を軽減できる手段はありますか?
      簡単操作で、各自でパスワードの再発行ができます。
      ※但し、再発行したパスワードを通知するメールアドレスが正しく登録されていることが必要です。
      家族の安否確認はできますか?
      オプションをご用意しております。

      ご参考)突発的な自然災害などに備え、家族内の安否確認で重要なことは、予め家族会議で連絡手段(※)を決めておくことです。
      ※災害発生時、咄嗟に利用する連絡手段は、普段から利用している電話、メール、SNSを活用する傾向があります。

カタログ・資料ダウンロード

緊急連絡/安否確認サービスのカタログ・ご検討資料を下記よりダウンロードいただけます。

【ご検討資料】

  • 総務・人事/リスク管理者の皆さま向け
  • PDF今の時代に適した「事業継続」を考えるヒント
  • PDF緊急連絡/安否確認サービスの概要・特長
  • PDF新型コロナウィルス感染症 企業が取るべき対策

緊急連絡/安否確認サービスに関するお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • 0120-933-200(通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ