GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

耐震解析

道路橋やトンネル構造物に対しては、様々な地震に耐えられるように設計しなければなりません。 当社では、道路橋示方書(平成24年3月)に準拠した骨組構造モデルによる静的照査法、および動的照査法を有した橋梁の耐震設計システムと地中構造物(横断方向)を対象にしたレベル1はもちろんレベル2の地震動による構造物のねばり(材料非線形)を考慮した耐震設計システムをご提供しています。

道路橋示方書(平成29年11月)に対応した静的照査から動的照査まで解析可能な2次元/3次元の骨組モデルによる道路橋の耐震設計支援システムです。 静的解析から動的解析まで一貫して解析を行えるフル機能版と、節点数を制限したLite版を用意しています。

地中線状構造物(横断方向)を対象にレベル1はもちろんレベル2地震動による構造物のねばり(材料非線形)を考慮した耐震設計が可能となります。
Version 3.1以降からは上下線分離構造物等のどのような矩形構造物にも対応でき、地盤バネ、荷重、非線形特性に任意な値を設定することができます。

国土交通省制定の「河川構造物の耐震性能照査指針・同解説 平成24年2月」に基づき河川堤防、堰(せき)、水門、樋門(ひもん)等の耐震性能の照査を行うためのシステムです。
また、「道路橋示方書・同解説 平成24年3月(日本道路協会)」および「既設橋の耐震補強設計に関する技術資料 平成24年11月(土研資料第4244号)」の解析手法にも対応しています。
堤防である土構造物においては、液状化に伴う残留変形解析(ALID手法)のソルバーにより変形量を照査し、樋門・水門等のRC構造物においては、各種の地震時保有水平耐力計算~照査までをトータルにサポートします。

河川施設の揚排水機場および上下水道施設の池状構造の貯水槽を対象とした耐震設計計算を行うシステムで、5層13径間までの大規模構造物の解析が行えます。

関連情報

弊社では、以下のような解析手法による受託計算サービスを請け賜っております。
お客様より解析条件、図面等を提示して頂き、それを元にしてモデルの作成から解析を行い、その結果図/報告書を納品致します。
システム開発者、自らがコンサルティング支援を行い、お客様のニーズにお応えします。

  1. 耐震解析受託計算サービスの概算お見積もり
GTM-KRVVZD