テレワークを暗号化でより安心・安全に
FENCEのテレワークセキュリティ対策

社外でも安心・安全な業務環境を

ICTを活用し、場所や就業時間にとらわれない柔軟な働き方を実現する、テレワークに注目が集まっています。国も推奨する多様な働き方の実現は、労働環境の改善や雇用促進にもつながることから、積極的に取り組む企業が増えています。
FENCEは、社外でもセキュアに業務データを扱うために、テレワーク向けセキュリティ対策を、低コストで実現します。

テレワークへの期待とセキュリティ課題

テレワークは自宅やサテライトオフィスなど社外で業務データを扱うこと、PCの持ち出しやモバイルデバイスの利用が避けられないことから、情報流出を防ぐセキュリティ対策が大きな課題となります。
セキュリティに対する知識や意識レベルは、人により様々。個人で対策を行うことは難しく、企業はテレワークを行う社員が安心・安全に働ける環境を用意する必要があります。

テレワークのセキュリティにこんな不安がありませんか?

  • モバイルデバイスの紛失や盗難で、社内の重要情報が流出してしまったらどうしよう
  • セキュリティ対策の不備でウィルスやワームに感染したらどうしよう
  • 業務データを社外で利用して盗聴や端末不正利用されないか心配
  • 社外でのメールやグループウェアを使って、不正侵入されないだろうか
  • 個人端末のアプリケーションの脆弱性をついて標的型攻撃の被害にあわないだろうか

FUJITSU Security Solution FENCEなら解決!

卓越した暗号化、無害化、チェック技術を組み合わせたセキュリティ対策で、紛失・盗難、マルウェアの侵入、端末の不正使用や情報の持ち出しを防ぎます。慣れ親しんだ作業環境はそのままに、社外での安全で快適な仕事環境を実現します。

独自の暗号化・無害化技術でテレワークのセキュリティを担保するFENCE

デモ動画で解説!FENCEの標的型攻撃対策

ページの先頭へ