サイバー攻撃は内部侵入を前提に多層防御で!
FENCEの標的型攻撃対策

サイバー攻撃は完全には防げない

事業の阻害や身代金要求を目的に特定企業または個人の機密情報を狙い、企業の新たなリスクとして脅威が高まる標的型攻撃。直接の標的のみならず、関連企業を踏み台にする傾向にあるため、あらゆる会社がサイバー攻撃の対象になり得ます。水際対策では防ぎきれないほど巧妙化する攻撃には、マルウェアなどの侵入を前提に入口・出口・内部すべてのセキュリティ対策で多層防御することが重要です。 FENCEは、高度化する標的型攻撃に「暗号化・無害化」で挑む情報セキュリティソリューション。独自の暗号化、無害化、チェック技術で、企業のセキュリティマネジメントに貢献します。

代表的な標的型攻撃の脅威

機密情報の流出、データ改ざん、システム破壊により
事業を阻害/身代金を要求/企業イメージの低下

標的型攻撃に対し、このような不安はありませんか?

  • 標的型攻撃のターゲットになっていたらどうしよう
  • 自社が踏み台になってグループ企業に被害を及ぼしたら大変だ
  • ウイルス対策ソフトだと完全に防げないのではないか
  • Webの改ざんやシステム破壊で、事業が止まるようなことはあってはならない
  • 個人情報保護法の改正でどこまで対策が必要だろうか

FUJITSU Security Solution FENCEなら解決!

巧妙化する標的型攻撃に対抗するためには、攻撃者の侵入を防ぐ「入口対策」、攻撃者による機密情報の持ち出しを抑止する「出口対策」、攻撃者の活動を抑止する「内部対策」を組み合わせた、多層防御の構えが重要です。
特に、万が一の侵入に際し持ち出されたデータが悪用されないよう、データ自体に暗号化を行うエンドポイントのセキュリティ対策は欠かせません。
電子政府推奨の暗号化アルゴリズム「AES」をはじめ様々な暗号化方式に対応した、信頼性の高い情報セキュリティソリューションFENCEが、多層防衛によるセキュリティ強化に貢献します。

暗号化・無害化を中核に多層防御で脅威に備えるFENCE

入口対策

出口対策

デモ動画で解説!FENCEの標的型攻撃対策

ページの先頭へ