組織内部からの情報漏えいを暗号化で阻止
FENCEの内部情報漏えい対策

情報漏えいの約8割は組織内部から

企業に多大な損害と損失を与えかねない情報漏えい事故。約8割が、紛失・盗難・メール誤送信などの「人的ミス」や、意図的な「内部不正」など組織内部から起きています。また、テレワークなどの多様な働き方が推奨される現在、社外で業務データを扱う機会も増え、情報漏えいのリスクも増しています。
起きてからでは取り返しのつかない情報漏えい事故への対策は、物理的かつ心理的な抑止が鍵。FENCEは、「暗号化」を中核としたセキュリティソリューションで、組織内部からの情報漏えいを防ぎ、営業・信用リスクを回避して企業の事業継続に貢献します。

内部情報漏えいの原因と実態

人的ミス

情報漏えいの原因は、スマートデバイスやUSBなど可搬記録媒体の紛失・置き忘れ・盗難や、メールの誤送信といった人的ミスが圧倒的です。セキュアに情報を持ち出す必要性も高まっており、第三者がデータを閲覧、悪用できない対策が必要です。

内部不正

企業ダメージの大きい、内部不正による情報漏えい。社員が退職時に、他社に有益な機密情報を持ち出す事件も起きています。メールやUSBなどのデバイスのみならず、操作もログで追跡するなど、多方面からの情報流出対策が必要です。

内部情報漏えいに対して、不安はありませんか?

  • 社員のメール誤送信が頻発しているのではないか
  • 人の出入りが激しく、意図的に社内のデータが持ち出されていないだろうか
  • 紛失や盗難で、社内の重要情報が流出してしまったら…
  • 改正個人情報保護法でセキュリティ対策が必要、でも何から始めたらいいのかわからない
  • 取引先を通じて情報が流出しないか心配

FUJITSU Security Solution FENCEなら解決!

卓越した暗号化、チェック技術を組み合わせたセキュリティ対策で、紛失・盗難、メール誤送信、不正情報持ち出しを防ぎ、安全な運用を実現します。

暗号化を中核に内部情報漏えいの不安から企業を守るFENCE

人的ミス

デモ動画で解説!FENCEの標的型攻撃対策

ページの先頭へ