GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

お知らせ

文書管理番号:FSI0001001200502


お客様各位

2005年2月22日
株式会社富士通ビー・エス・シー

【重要】
ウイルスバスターコーポレートエディション6.5をインストールするとFENCE-G インストール時、メーラーのpopサーバ設定に「localhost」が自動的に設定される問題について

解消済みです。

FENCE-G 通信抑止パックとトレンドマイクロ社製ウイルスバスターコーポレートエディション6.5を同一マシンにインストールされている場合に起こる問題について、対応方法をご案内いたします。

【対象バージョン】

FENCE-G 通信抑止パック全バージョン

【対象OS】

Microsoft® Windows® XP Professional SP1 / SP2

【環境】

Netscape
Microsoft® Outlook® Express

【事象】

FENCE-G 通信抑止パックインストール時、メーラーのpopサーバ設定に「localhost」が自動的に設定される。

【発生条件】

以下の条件がそろったときに発生します。

  1. FENCE-G 通信抑止パックとウイルスバスターコーポレートエディション6.5が同一マシンにインストールされている。
  2. Netscape または、Microsoft® Outlook® Express を使用している。

【対策】

この事象に関する問い合わせは下記【問い合わせ窓口】までお願いします。

【問い合わせ窓口】

本製品のお問い合わせ

GTM-TGJ93T