ファイル受け渡しを無害化・個人情報チェックでセキュリティ強化!ファイルの無害化や個人情報など機密情報の有無を自動チェックすることで、 不適切なデータの持出しを防ぐことや、ネットワーク分離環境下でファイルの受け渡しを セキュアに行うことができます。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 社外と社内でファイルの受け渡しをするには、どうすれば安全なのか
  • ネットワーク分離をしたものの、USBメモリでデータを移すときのリスクはないか
  • 内部不正による秘密情報の持ち出しはどう防げばよいのか

FUJITSU Security Solution FENCE-Worksなら解決!

ファイルの受け渡しに関する申請、承認、ファイルの無害化、暗号化、持出し、持込み、ログ管理までの 一連の運用をシステム化するのがFENCE-Worksです。
運用負荷をかけずにセキュリティポリシーに則った運用の徹底を実現します。

FENCE-Works が選ばれている理由

1台で持出し/持込みに対応
豊富な機能でデータの持出し/持込みのセキュリティ対策が行えます。
運用の負荷を抑制
機密情報チェックの自動化や、 無害化ファイルの自動受け取りなどにより、セキュリティ対策の運用負荷を抑えられます。
独自技術によるマルウェア対策
ファイルを外部に持出す際、持出し先で閲覧・編集後も暗号化状態を保つ独自技術を使用しています。 パソコンがマルウェアに感染しても、ファイルのセキュリティは守られます。

製品機能一覧

    • 持出し承認
      持出し申請から上長承認までの一連の事務処理をシステム化します。
    • 個人情報チェック
      申請された持出しファイルの個人情報など機密情報を自動的にチェックします。
      予め設定したポリシーに違反する情報が含まれていた場合、承認者の承認画面に注意喚起します。
    • 暗号化
      持出す際にデータを自動で暗号化します。セキュリティレベルや環境によって暗号化形式を変更することも可能です。
    • ログ管理
      申請から持出しまでの一連の運用をログとして保管します。CSV形式での出力も可能です。
    • 持込み承認
      持込み申請から上長承認までの一連の事務処理をシステム化します。
    • ウイルスチェック
      ウイルス対策ソフト※1との連携により「申請ファイルのウイルスチェック」が可能になります。
      ※1 ServerProtect for Linux®(トレンドマイクロ株式会社)をお客様にて別途導入していただく必要があります。
    • 無害化
      ファイルに潜む悪意の可能性のある「スクリプト」や「マクロ」、「メタ情報」を削除し、安全なファイルに再編成します。
    • ログ管理
      申請から持込みまでの一連の運用をログとして保管します。CSV形式での出力も可能です。
    • ユーザー管理
      グループや承認者などのユーザー情報をCSVファイルから取り込むことが可能です。
    • ポリシー管理
      個人情報を取り扱う部署は強固な暗号化形式のみ選択可能にするなど、部署ごとの特性を考慮してポリシーを複数設定、管理することができます。

活用例

ファイルの持出しを管理
ファイルを社外・社内へ持出し・持込みする際は、上長などの第三者がチェックすることで、情報漏えいを防ぎます。社内環境へ持込むファイルを無害化し、マルウェアの感染を防ぎます。
マイナンバーやクレジットカード番号などの個人情報が含まれるファイルを自動でチェックし、内部の不正を抑止します。
メール無害化ソフト連携
(自治体強靭化)
FENCE-Mail For Gateway」または「SYNCDOT SanitizeFilter」と連携し、メールに添付されたファイルを自動で分離、FENCE-Worksに転送できます。
メールと添付ファイルを無害化して取り込むことで標的型攻撃メールによるマルウェア感染を防ぎます。
マルウェア「Emotet」対策の一つとしても活用できます。
デバイス抑止ソフト連携
外部デバイス(USB)へのファイルコピーは、デバイス抑止ソフト※2との連携により阻止され、「FENCE-Works」で承認されたファイルのみ可能にします。
※2 SKYSEA Client View(Sky株式会社)およびFENCE-G(FENCEシリーズ)と連携が可能です。
ページの先頭へ