GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス >
  3. FENCEシリーズ >
  4. FENCE-Pro >
  5. 動作環境>
  6. 「Microsoft Windows Vista Service Pack1」の適用について

「Microsoft® Windows Vista® Service Pack1」の適用について

本文書は、FENCE-Pro V05L02をご利用のPCへMicrosoft Windows Vista Service Pack1(以下、Windows Vista SP1)を適用する場合の問題について記載しています。 なお、FENCE-Pro V05L03以降については、Windows Vista SP1は問題なく適用できます。FENCE-Pro V05L02をご利用のお客様は、FENCE-ProV05L03以降へのアップデートをお勧めします。 アップデート方法などの詳細は当社サービスデスクまでお問い合わせ下さい。

FENCE-Pro V05L02では、Windows Vista SP1においては、下記の問題点が報告されております。Windows Vista SP1適用の際には、必ず本ページにて説明している手順を実施してください。

  • 問題1
    システムドライブをドライブ暗号の対象としている場合、Windows Vista SP1を適用中にエラーが発生し、Windows Vista SP1を正常に適用できない。
  • 問題2
    システムドライブをドライブ暗号の対象としている場合、Windows Vista SP1が正しくアンインストールできなくなり、パソコンが起動しなくなる。

Windows Vista SP1を適用するにあたって

本ページでは、以下の3つのシーンごとに、Windows Vista SP1を適用する際に必要となる手順を説明しています。

  • 注: FENCE-Pro V05L02 自動暗号パックをご利用でないお客様につきましては、本ページで説明している手順を実施する必要はありません。通常通り、Windows Vista SP1の適用を行ってください。
  • 注:FENCE-Pro V05L02 自動暗号パックをご利用で、かつ、“ドライブ暗号”機能をご利用でないお客様につきましても、Windows Vista SP1の適用を行う際に特別な手順は必要ありません。ただし、後に“ドライブ暗号”の利用を開始する場合は、必ず本ページで説明している手順を実施してください。
  • 注:FENCE-Pro V05L02以前のバージョンについては、Windows Vista SP1での動作を保障しておりません。必ずFENCE-Pro V05L02にアップグレードを行った後、下記の手順にてWindows Vista SP1の適用を実施してください。

これからWindows Vista SP1を適用する場合

すでにWindows VistaにてFENCE-Proが導入されており、これからWindows Vista SP1を適用する場合は、下記の手順にて“ドライブ暗号”機能の設定を変更します。本手順にて設定を変更した後、Windows Vista SP1の適用を実施してください。

(1) プログラムメニューから“ドライブ暗号設定”を起動し、“強制暗号フォルダ”に登録されている“テンポラリファイル保存先フォルダ”(%Profile%¥AppData¥Local¥Temp¥)の登録を削除します

(2) 同じく、ドライブ暗号設定ツールにて、“除外フォルダ”に“C:¥PerfLogs”(C:¥はシステムドライブ)を登録します


“除外フォルダ”に“C:¥PerfLogs”を追加した状態

“除外フォルダ”に“C:¥PerfLogs”を追加した状態

拡大イメージ (39 KB)

(3) パソコンを再起動します。

(4) Windows Vista SP1を適用します。

注: “ドライブ暗号設定ツール”を利用する他に、製品に同梱されている“ドライブ暗号管理ツール”にて新しい設定ファイルを作成、各クライアントに配布することでも、同様の設定変更を行うことが可能です。“ドライブ暗号管理ツール”のご利用方法については、製品マニュアルをご参照ください。

これからFENCE-Proを導入する場合

これからFENCE-Proを導入し、かつWindows Vista SP1を適用する場合は、FENCE-Proを導入する前にWindows Vista SP1を適用してください。Windows Vista SP1導入後の環境へのFENCE-Proのインストールは正常に完了します。
なお、導入後は必ず、前述の手順(1)から(3)に則った設定変更を行ってください。

Windows Vista SP1をアンインストールする前に

Windows Vista SP1をアンインストールする際に発生する問題に対処するため、下記のいずれかの手順を行っていただく必要があります。本手順を実施しない場合、Windows Vista SP1が正しくアンインストールできなくなり、パソコンが起動しなくなる場合があります。

  • 手順A
    Windows Vista SP1の適用後に作成されるフォルダ“C:¥PerfLogs”(C:¥はシステムドライブ)を削除してから、Windows Vista SP1のアンインストールを行います。
  • 手順B
    FENCE-ProのマスタCDに収録されている“ドライブ暗号有効モード切り替えツール”にて“ログオフ時にドライブ暗号を無効化しない”を設定します。設定を行った後、Windows Vista SP1のアンインストールを行います。
ドライブ暗号有効モード切り替えツール

ドライブ暗号有効モード切り替えツール

注: “ドライブ暗号有効モード切り替えツール”にて上記の設定を変更した場合、Windowsをログオフした際、自動的にドライブ暗号の無効化が行われなくなります。本設定を変更したくない場合は、手順Aを実施してください。

注: “ドライブ暗号有効モード切り替えツール”は、コマンドライン指定にて設定を変更することも可能です。本ツールのご利用方法については、製品マニュアルをご参照ください。

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

GTM-TGJ93T