GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
INSTANTCOPY
バージョンレベルアップ情報

各バージョン/レベルでの主な追加機能をご紹介します。

V6バージョンアップ情報

V6L30レベルアップ内容

  • キーボード制御方式の「方式3」をサポートしました。
    なお、Enterprise版ではセキュリティが強化された「方式3」固定となります。
  • キーアサイン設定にてWindowsキーをサポートしました。
  • キーアサイン設定の初期値を変更しました。
    旧版と混在して利用される場合はご注意ください。
    • 設定画面を開く
      変更前:[Alt]+[PrintScreen]
      変更後:[Ctrl]+[Shift]+[S]
    • アクティブウィンドウの画面キャプチャーをとる
      変更前:[なし]
      変更後:[Alt]+[PrintScreen]
    • 他ツール出力を実行する
      変更前:[Ctrl]+[Shift]+[PrintScreen]
      変更後:[なし]
  • Windows Server 2019をサポートしました。
  • 専有キーの設定をサポートしました。(Enterprise版)
  • 使用制限設定機能を強化しました。(Enterprise版)
  • INSTANTCOPY終了時のログ・通知をサポートしました。(Enterprise版)
  • インストーラ生成時のオプション設定を改善しました。(Enterprise版)

V6L20レベルアップ内容

  • 各設定画面にてヘルプ表示機能をサポートしました。
  • スクロールキャプチャーにて方式選択機能をサポートしました。
  • Officeドキュメント連携機能をサポートしました。(Professional版/Enterprise版)
    • Wordファイル出力機能をサポートしました。
    • 改ページ機能をサポートしました。
    • ファイルパスの指定方法を改善しました。
    • 実行機能の操作性を改善しました。
  • 取得対象と出力先の初期設定が使用制限された場合の自動変更機能をサポートしました。(Enterprise版)
  • 操作ログのCSVファイル出力機能をサポートしました。(Enterprise版)

V6L10バージョンアップ内容

V5バージョンアップ情報

V5L60レベルアップ内容

  • Windows 10 Anniversary Updateをサポートしました。

V5L50レベルアップ内容

  • Windows10をサポートしました。
    • Microsoft Edge 仮想デスクトップ等 Windows10動作環境に対応しました。
  • セキュリティ機能を改善しました。(Enterprise版)
  • ドメイン環境へのインストール条件を緩和しました。(Enterprise版)
    • インストール時にローカルの管理者権限のあるユーザID/パスワード入力を不要とすることが可能となりました。

V5L40レベルアップ内容

  • Google Chromeをサポートしました。
  • 横幅合わせ印刷(複数ページ印刷)をサポートしました。
  • バックグラウンドモードをサポートしました。(機能を制限した運用
  • ユーザアプリとの連携機能を強化しました。
    • グループボックスで囲まれたオブジェクトの印刷
    • 「INSTANTCOPY」文字の非表示
  • インストール媒体を一本化しました。(OSビット数に合わせたインストール)
  • コピーボタン表示位置のカスタマイズ機能をサポートしました。
  • プレビュー画面から印刷設定「拡大方法」を変更できるようにしました。
    (「等方拡大」を「横幅合わせ(複数ページ出力)」に変更など)
  • 基本設定配付機能において配付対象を拡大しました。
    • 「設定の保存」で保存した設定名/設定内容
    • コピーボタンの表示位置
  • ログ情報管理ソフトの操作性を改善しました。( Enterprise版)
    • ログ検索条件に「ユーザ名」を追加
    • 「制限文字」など詳細ログ検索条件のプルダウンメニュー選択
    • バックアップしたログファイルの指定

V5L30レベルアップ内容

  • 英語表示への対応。画面表示言語を日本語/英語に可能です。
    (Professional/Enterpriseには対応していません。)
  • V5L20 SP1の取込
    • Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 の Server Coreモードをサポートしました。
    • Office 2013 をサポートしました。
    • スクロールキャプチャー機能を性能改善しました。
      (3回スクロールするWebページの場合、現行より3分の1程度の時間で取得できます)
    • スクロールキャプチャー実行中の進捗画面、キャンセル機能をサポートしました。
  • 設定の保存画面のデフォルト保存項目を変更(保存項目を全て選択)

V5L20バージョンアップ内容

  • Windows 8, Windows 8.1をサポートしました。
  • Windows Server 2012をサポートしました。
  • Internet Explorer 9, Internet Explorer 10, Internet Explorer 11をサポートしました。
  • INSTANTCOPY 新エディションをサポートしました。(Professional/Enterprise)
  • INSTANTCOPY 64ビットをサポートしました。
  • 新機能「画面文字認識機能」をサポートしました。
  • イメージファイル出力形式を追加しました。(GIF/TIFF/PNG)
  • イメージファイル出力時のJPEG品質設定を追加しました。

V4バージョンアップ情報

V4L60レベルアップ内容

  • Office2010をサポートしました。(一部制限事項あり)
  • INSTANTCOPYセットアップにサイレントインストール機能を追加しました。
  • INSTANTCOPYのアンインストールが以下の場所から行えるようになりました。
    • Windows XP および Windows Server 2003 R2 以前のOS
      [コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]
    • Windows Vista および Windows Server 2008 以降のOS
      [コントロールパネル]-[プログラムと機能]

V4L50レベルアップ内容

  • 各種OSの64ビットプロセッサバージョンをサポートしました。
  • Windows Server 2008 R2 をサポートしました。(一部制限事項あり)
  • INSTANTCOPYユーザ設定ファイルの名称を以下のように変更しました。
    変更前:icopy_[ログインユーザ名].ini → 変更後:icopy_user.ini
  • 他のPCへの設定ファイル配布機能を追加しました。
  • Windows 2000は、サポート対象外になりました。

V4L40レベルアップ内容

  • Windows 7 をサポートしました。(一部制限事項あり)
  • イメージファイルの設定画面の機能に、ファイル名に日時を自動で設定する機能を追加しました。
  • イメージファイルの設定画面の変更に伴い、通番設定画面を追加しました。
  • イメージファイルの設定画面の変更追加に伴い、日時設定画面を追加しました。

V4L30レベルアップ内容

  • 基本設定画面の「キャンセル」ボタンが使用不可となっている際、「画面キャプチャーの取得対象」の変更または「画面キャプチャーの出力先」を変更することで、「キャンセル」ボタンが使用可能となるよう修正しました。
  • タスクトレイのアイコンをクリックした際に表示されるメニューについて、蓄積された画面キャプチャー数が「0枚」の場合は「強制印刷」が選択不可となるよう修正しました。
  • ヘッダー/フッターの設定画面の「用紙イメージ」に対し、未設定の領域へ設定内容を反映するタイミングを以下のように変更しました。
    変更前:「項目選択」画面で「OK」を押す → 「項目選択」画面から表示した各種詳細画面で「OK」を押す

V4L20レベルアップ内容

  • Windows Server 2008 をサポートしました。(一部制限事項あり)
  • スクロールキャプチャー(スクロール)について、以下の修正を行いました。
    IEを対象として画面キャプチャー取得を行った際、画像最下部が切れてしまう問題を修正しました。
  • ヘッダー/フッターの設定画面の印刷プレビューに、領域枠が必ず表示されるよう修正しました。

V4L10レベルアップ内容

  • スクロールキャプチャーが可能になりました。それによりスクロール領域を1枚の画像で取得することが可能となりました。
  • コマンドプロンプトからの操作で引数チェックを強化しました。
  • Windows Vistaにおいてキーアサインのキーボード制御方式を方式2にデフォルト設定するようにしました。
  • イメージファイルの設定において保存ファイル名の通番桁数を1~9桁まで設定が可能となりました。