GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. INTARFRM >
  4. 製品構成 >
  5. ライフサイクル重視型

ライフサイクル重視型 (Enterprise Edition / Professional Edition)

 機能と構成開発手順アプリ形態動作環境

機能と構成

  ライフサイクル重視型(Enterprise Edition / Professional Edition)は、3つの機能で構成されます。

設計支援機能(INTARFRM Design Facility) ※Base

  設計情報(項目設計、DB設計、コード設計、入出力設計等)を管理するリポジトリと設計支援ツールです。

機能名 ライセンス利用者
設計情報の管理 ・設計情報の一元管理により、項目名称などの整合性管理や標準化を
容易にします。仕様変更の際には影響検索を利用することで、正確に
修正範囲を抽出できます。
・他のツールで設計した前工程の情報を取り込み、継承することができ
ます。
・プロジェクト終了後に、設計情報全体を次期開発や別のプロジェクトで
再利用できます。
ドキュメント生成 ・リポジトリに登録した設計情報をExcel形式で出力することができます。
・Excelへの出力形式(フォーマット)のカスタマイズも可能です。
ソースコード生成 ・プロジェクトで選択したターゲット言語のソースコードを自動生成します。
・同じ設計情報から、異なる言語のソースコードを自動生成することが
できます。

開発支援機能(INTARFRM Development Facility)

  WebアプリケーションまたはWindowsアプリケーションでシステムを開発するための支援機能一式です。共通部品(フレームワーク機能)、開発マニュアル、サンプルシステムを提供します。

実行機能(INTARFRM Runtime)

  ライフサイクル重視型 (Enterprise Edition / Professional Edition)で構築したシステムの実行機能です。

▼開発支援機能と実行機能の概要は下表のとおりです。

ライフサイクル重視型
Enterprise Edition   
システム形態 開発言語 環境
リッチインターネット
アプリケーション
Java Java Applet
Java Ajax
分散コンポーネント   Java Java Servlet、EJB
ローカル(JavaVM内)
COBOL  
CORBA
ライフサイクル重視型
Professional Edition
システム形態 開発言語 環境
Webアプリケーション Java Java Servlet
Visual C# .NET Framework    
スマートクライアント Visual C# .NET Framework

※旧製品(QuiQpro)のAdobe ColdFusionをターゲットとしたWebシステムを運用されている既存の利用者向けに、Web Application ColdFusionのサポートも継続しています。バージョンアップ等に関してはお問い合わせください。

(注1)ミドルウェア製品と組み合わせた実行基盤セット商品を販売しています。詳しくはお問い合わせください。

開発手順

  開発手順の概要を紹介します。

◆Enterprise Edition

設計プロセス

  設計者は従来のように、設計書で設計します。
(リポジトリでの管理も可能です。)

開発プロセス

  フロントエンド(画面)については、開発者は画面と各種定義、画面ロジックを統合開発環境で開発します。なお、制御ロジックは、フレームワークで提供しているため、開発不要です。
  バックエンド(業務ロジック)については、開発者は各種定義、業務ロジックを統合開発環境で開発します。

運用プロセス

  INTARFRMの実行機能上に開発したアプリケーションを配備し、運用します。


◆Professional Edition

設計プロセス

  設計者は、設計支援機能で提供するリポジトリへ設計情報を登録します。登録方法にはGUIからの直接登録と、外部の設計書や他社CASEツールの情報を取込む2種類を用意しています。
  リポジトリの活用により、項目の重複登録や不整合、設計情報変更時の修正漏れを防止できます。

開発プロセス

  プロジェクトがターゲットとする開発言語のソースコードをリポジトリから自動生成します。
  自動生成されたソースコードに、業務ロジックを記述します。

運用プロセス

  INTARFRMの実行機能上に開発したアプリケーションを配備し、運用します。

アプリ形態

  アーキテクチャ、開発言語の組合せによるアプリ形態を紹介します。

JavaによるWebシステム

  JavaによるWebアプリケーションを開発します。
  アプリケーション形態は、フロントエンド/バックエンド一体型(Webアプリケーション)、フロントエンド/バックエンド分離型(Applet)、フロントエンド/バックエンド分離型(Webアプリケーション)から選択できます。

.NET FrameworkによるWebシステム

  Visual C#によるWebアプリケーションを開発します。

.NET Frameworkによるスマートクライアントシステム、クライアント・サーバシステム

  Visual C#またはVisual Basicによるスマートクライアントシステムを開発します。
  Visual C#については、クライアント・サーバシステムとして開発することができます。

動作環境

  ライフサイクル重視型の各製品コンポーネントの動作環境は、下記ファイルを参照ください。

INTARFRM 動作環境(2019年2月版) ダウンロード (880 KB)

INTARFRM(インターファーム)に関するお問い合わせ

icon-telephone 電話でのお問い合わせ(総合窓口)

0120-933-200富士通コンタクトライン

受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

icon-form Webでのお問い合わせはこちら