FUJITSU 官公庁ソリューション 予算管理 for Windows

よくある質問

よくご質問いただく内容について以下に分類してご説明いたします。ご参照ください。


FAQ:導入

No.質問事項回答例備考・補足
1Mdb版とOracle版の違いは?機能はどちらも同じです。Mdb版では、1つのMdbをネットワーク上で共有して使用します。よって、複数端末から同時にアクセスがあった場合でも1端末ずつしか処理できないため、他の端末は処理待ち状態になりレスポンスが悪化することがあります。
また、何を基準に判断すればよいのでしょうか?信頼性・パフォーマンスの面でOracleの方が優れており、多くの端末で使用する場合はOracle版の方がレスポンスが良くなります。
使用頻度により変動しますが、目安として10台以上の端末で使用する場合は、Oracle版をお勧めしています。
2とりあえずスタンドアロン型で運用し、後でネットワーク型に変更することは可能ですか?可能です。
ただし、ネットワーク型に変更する際、以下の商品が必要になります。
・1端末使用ライセンス(追加する端末数分)
・LAN連携オプション(1)
・DB環境セットアップサービス(1)
なお、事前にネットワーク環境、及び「予算管理 for Windows」が動作するコンピュータシステムを準備していただく必要があります。
3帳票等を追加してほしいのだけど、カスタマイズは行ってもらえるのですか?カスタマイズ可能です。
ただし、費用は別途お見積させていただきます。
多くのお客様からご要望いただいた内容については、レベルアップ時に含める場合もあります。
4年度の途中での導入は可能ですか?導入は可能ですが、それまでの決議書データ等を移行する必要があります。・他のシステムで予算管理を行っていた場合、そのデータを使って移行できる場合もあります。
・決議書データ等の入力(パンチ)を請け負うサービスも用意しております。
いずれの場合も、費用は別途お見積させていただきます。


FAQ:機能・運用

No.質問事項回答例備考・補足
1担当者ごとの執行実績を把握できますか?(科目によって担当が分かれている)指定した担当者分の決議書データ(補助簿データ)を抽出して、CSV形式で出力することができます。
なお、抽出条件は担当者以外にも様々な指定が可能です。

2庁費実績調(法務局で必須報告資料)の印刷は可能ですか?そのものの印刷機能はありません。
ただし、決議書データをCSV形式で出力しExcel上で集計することは可能です。
いろいろな官署で使用できるよう汎用的な仕様にしています。
なお、庁費実績調については、いずれにしてもシステム上のデータをそのまま報告資料に転記することは少ない(何らかの調整が必要)と思われます。(年度によって報告の切り口が変わる可能性もある。)
3予算が決定するまで、決議書入力は行えないのですか?科目マスタの登録が終われば、決議書入力を行えます。その際、残額はマイナスで表示されますが、後で予算額を入力すれば、正しい残額を表示するようになります。
4細目(1~6レベル)で予算管理を行う場合、予算額も必ず、細分レベルに振り分ける必要がありますか?
(示達は目レベルであり、毎回、それを細分別に振り分けて入力するのは大変である。)
予算額は目レベルに設定しても構いません。
ただし、この場合に細分別に残額を表示すると、マイナスで表示されます(目レベルだと正しく表示される)。細分別の残額も正しく管理したい場合は、細分別に予算額を設定する必要があります。

54月頃は、旧年度の予算管理と新年度の予算管理が混在するが、大丈夫ですか?処理年度を動的に切り替えることが可能です。処理年度は端末ごとに設定できるので、ネットワーク型で運用している場合には、旧年度用の端末と新年度用の端末に分けておくと、運用が簡単になると思われます。
6前年度の執行実績などを印刷することは可能ですか?前年度のデータを消さない限り可能です。旧年度の情報は、データを削除しない限り残っています。
なお、旧年度データの削除は、添付の運用ツールにて行います。ディスクの空き容量が少なくなった場合や、レスポンスが悪くなった場合に実行します。


FAQ:ADAMS連携

No.質問事項回答例備考・補足
1財務省会計センターに対してインターフェースの開示要求が必要でしょうか?他官署からの情報をもとにモジュールの作成は完了しており「ADAMS」側の仕様変更(レベルアップ)が無い限り、開示要求は不要です。
2ADAMS」タンキング入力がレベルアップした場合の「予算管理 for Windows」 の対応は?仕様変更の内容にもよりますが、基本的には、新しい仕様の入手ができ次第、対応モジュールをレベルアップ版として提供する予定です。通常レベルアップ(バグ対応等)は無償対応ですが、タンキングのレベルアップによる改修に関しては基本的に有償対応となります。
ADAMS」タンキングインターフェースのレベルアップの情報があれば、連絡をください。


FAQ:アフターサービス

No.質問事項回答例備考・補足
1操作がわからなくなった場合は?詳細なマニュアルが添付されています。サービス向上のため、「年間サポート契約」をお願いしています。
さらに、サポートセンターにて、専任スタッフが電話等で質問にお答えするサービスも行っております。
2運用中、不具合が発生した場合は?弊社サポートセンターにご連絡ください。内容をお伺いした上で、対応策を検討させていただきます。
なお、原因が弊社のバグである場合は、対応モジュール(レベルアップ版)を後日、送付させていただきます。 (注)
レベルアップは、いくつかの対応をまとめて行うため、時間を要する場合があります。(緊急障害時を除く)

(注)年間サポート契約」の締結をお願いします。

本製品に関するお問い合わせ

本製品に関するお問い合わせは、以下の方法で受付いたします。

予算管理 for Windows に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
     

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ