Fujitsu Computing as a Service(CaaS)

世界最高峰の技術を誰もが容易に利用してサステナブルな社会の実現へ

富士通はこれまで、「富岳」に代表される高度なコンピューティング技術を開発・提供し、政府系機関や学術機関における、宇宙や気象、感染症予防といった分野の研究開発を支援してきました。また、「デジタルアニーラ」、AIなどの領域でも高度な最新の技術を有しており、これらの技術を組み合わせることで、金融サービス、サプライチェーンの効率化やトレーサビリティの管理、電力需給予測、災害シミュレーション、創薬など、より広い分野に活用可能と考えています。

社会課題に応える
「Fujitsu Uvance」とクラウドサービス群「CaaS」

これまでスーパーコンピュータ等の高度なコンピューティング技術の利用は、一括購入による投資負担や、導入や運用面での専門技術者の確保が課題となっていました。富士通は、従来の学術分野での活用にとどまらず広く一般の業種において、最先端研究の推進、企業競争力の強化などを支援するべく、誰でも簡単に富士通の高いコンピューティング技術などを利用できる新たなサービス群「CaaS」を体系化。「CaaS」は、サステナブルな世界の実現を目指す新事業ブランド「Fujitsu Uvance」を体現する、重要な取り組みに位置付けています。

HPC、DA、AIのクラウドサービスと連携するソフトウェアやサービス連携基盤、更にコンサルティングやチューニングサービスを提供するCaaSサービス群の図です。

「CaaS」では「Fujitsu クラウドサービス HPC」、「デジタルアニーラ」やAIのクラウドサービスと合わせて、その上で動作するソフトウェアやサービス連携基盤、コンサルティングやチューニングサービスも提供します。これにより、各サービスをシームレスに連携させ、お客様の導入や運用負荷を削減するとともに、個別のサービスを意識することなく高度な最新技術が利用可能です。

ヴィヴェック マハジャン 執行役員SEVP CTO の写真です。

「CaaS」は富士通が世界に誇る高度なコンピューティングをベースに、急増する計算需要に応える高性能かつ高効率なサービスをパブリッククラウド上で提供するものです。将来的には量子コンピュータなどの新たな技術も追加してまいります。「CaaS」によって「ハイパフォーマンスコンピューティングと量子コンピューティングを民主化」することで、富士通のパーパス「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」の実現を目指します。

執行役員SEVP CTO
ヴィヴェック マハジャン

富士通がComputing as a Serviceで目指す世界

富士通は、今後ますます増加するデータをデジタル化し、5G やBeyond 5Gのセキュアな通信網を通じてデータ基盤に集約するとともに、より高度なAIや「デジタルアニーラ」、また将来的には量子コンピュータも含む最先端テクノロジーを活用しリアルタイムに処理することで、様々な社会課題の解決を目指します。

金融、材料開発、エネルギー、創薬、気象、防災といった分野からの多種多様なデータに対し、スーパーコンピュータやデジタルアニーラ、将来的には量子コンピュータも含む最先端テクノロジーを活用し、企業・組織を超えたデータの新たな価値や新たな視点での高度な意思決定を導いて社会課題の解決を目指す図です。

本件が貢献を目指す主なSDGs

2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、世界全体が2030年までに達成すべき共通の目標です。当社のパーパス(存在意義)である「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」は、SDGsへの貢献を約束するものです。
本サービスでは、主にSDGs 9「産業と技術革新の基礎をつくろう」への貢献を目指します。HPC利用の裾野を広げることにより、技術革新につながるインフラの提供を前提としていきます。

SDGs のロゴ

Fujitsu Computing as a Serviceに関するお問い合わせ

ページの先頭へ