SAP S/4HANA プロジェクト化支援サービス

SAP S/4HANA®の導入をご検討中で、全社プロジェクト化実施にあたってお悩みのお客様は多いです。

◆デジタルイノベーションを支えるグローバルICT基盤の導入/刷新のために上申を行いたい
◆M&A実施後の業務/システム統合(PMI)を推進にあたってSAP S/4HANA®で刷新を検討している
◆新規導入またはSAP ERP6.0からのコンバージョンを検討するにあたり、経営層に効果を訴求したい

このようなお客様に対して、富士通の豊富なコンサルティング実績、SAP導入実績に基づき、プロジェクト化に向けたコンサルティングを実施し、スピーディかつ円滑な上申をご支援いたします。

特長

システム導入を通じた課題解決の取り組みは大掛かりかつ相応の投資が求められます。加えて、効果を最大化し、プロジェクトを成功に導くためには、実業務にあたっている人員の参画が必須となります。そのために、企画書を作成し、経営層の承認をもってプロジェクト化を推進することが不可欠になります。
「SAP S/4HANA プロジェクト化支援サービス」では、経営層へ上申(承認稟議)のための、企画書作成をご支援します。プロジェクト企画においては、経営層のタイミングを逃さず、的を射た内容の企画書を作成することがポイントとなるため、必要最小限のメンバーかつ短期間での作成を実現します。

効果・メリット

1. 富士通リファレンスの徹底活用

富士通は今まで様々な業種のお客様に対して、プロジェクト企画に加えて、経営・業務・ITの課題解決を行ってきました。これらの経験から、多くの企業にて取り組まれている課題のリファレンス (型)を構築しています。リファレンスを徹底活用することにより、短期間での解決施策と期待効果を提示することができます。

2. スムーズなプロジェクトの立ち上げ

プロジェクトの企画を実施することで、実業務にあたっている現場部門の早期プロジェクト参画をトップダウン的に行うことが可能になります。以降のフェーズでは現場部門との合意形成が必須となるため、プロジェクトの円滑な推進や手戻り等のリスクを大きく削減する効果が見込まれます。

概要

「SAP S/4HANA プロジェクト化支援サービス」では、外部環境分析や内部環境分析を通じて、お客様の抱えている課題やありたい姿を描きます。次に、システム面だけではなく、経営・業務の観点からも課題やありたい姿に対する課題の解決やテーマを実現させるために必要な施策を発案し、優先度の評価を行います。
施策の発案においては、富士通リファレンスを活用することでプロジェクト企画でポイントとなる短期間・少人数での施策検討を幅広に行うことを実現します。最後に、次工程へのプロジェクトプラン(SAP適用スコープや実施スケジュール、体制など)を明確にすることで、お客様の上申をご支援します。
また、富士通の強みとして企画から運用・保守まで一気通貫でご支援することができ、上申及び承認後には本フェーズで検討した内容を踏まえながら、PoC・構想策定・構築と円滑に進めることができます。

(アウトプットイメージ)

  • SAP、記載されているすべてのSAP商品名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標
    または商標です。記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、商品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。

ページの先頭へ