分野別トレーニングコースご紹介 - クラウド(コンテナ特集)

トレーニングを受講する

富士通ソフトウェアトレーニングでは、クラウド分野における重要な要素技術である「コンテナ」関連の技術(Kubernetes、Red Hat OpenShiftなど)が学べるトレーニングコースをご用意しています。
ご自身のレベルに合ったトレーニングコースから受講してみてはいかがでしょう。
トレーニングコースの情報は、各コースのページをご覧ください。

レベル 管理者向け 開発者向け
L3
L2

試験を受ける

トレーニング受講のあとは試験に挑戦してみましょう。

Kubernetes技術者認定試験

レベル 管理者向け 開発者向け
L2 Kubernetes管理者認定(Certified Kubernetes Administrator)CKA または CKA-JP(LPI-Japanのページへリンクします。) Kubernetesアプリケーション開発者認定(Certified Kubernetes Application Developer)CKAD または CKAD-JP(LPI-Japanのページへリンクします。)

Red Hat 認定スペシャリスト試験

レベル 管理者向け 開発者向け
L3 Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Administration - (EX280)(株式会社富士通ラーニングメディアのページへリンクします。) Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development - (EX288)(株式会社富士通ラーニングメディアのページへリンクします。)
L2 Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Containers and Kubernetes - (EX180)(株式会社富士通ラーニングメディアのページへリンクします。) Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Containers and Kubernetes - (EX180)(株式会社富士通ラーニングメディアのページへリンクします。)

資格を申請する

「Kubernetes技術者認定試験」「Red Hat 認定スペシャリスト試験」に合格し、富士通ソフトウェアマスター事務局に認定申請すると、富士通ソフトウェアマスターの資格認定を取得できます。 詳細は、「重点的な取り組み・特集 - クラウド」をご覧ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ