クラウドサービスの短期リリースと安定稼働を実現
FUJITSU Software Enterprise Service Development Platform

Enterprise Service Development Platform(エンタープライズ サービス デベロップメント プラットフォーム)は、デジタルビジネスのアプリケーションやサービスの開発・運用に加え、アジャイル開発で必要となる機能が統合された、リーンスタートアップのサイクルを素早く回せる基盤です。本商品は、短期リリースを実現する開発支援機能、クラウドサービスの安定稼働を実現する実行基盤、運用コストを削減する運用支援機能を備えています。

製品概要

開発支援(CI Management)

ソース管理、ビルド、テスト、成果物管理の流れを定義し、自動実行することができます。さらにコミュニケーションツール利用により開発サイクルを支援します。

実行基盤(Application Management)

実行環境の構成・設定の自動化により、実行環境を構築後すぐにアプリケーション配備が可能となります。

運用支援(Automation Manager)

自動構築ツールにより、CI Management、Application Managementを自動で構築することができ、すぐにアプリケーション開発を開始できます。

動作環境

サーバ側OS  
Linux(Intel64) 動作環境の詳細(35.2KB)

価格

価格は機種・構成などにより変わります。本製品はライセンス(製品の使用権)とサポートがセットになったライセンスを1年単位で購入いただくサブスクリプション方式です。詳細については各種「お問い合わせ」窓口または、当社担当営業までお問い合わせください。

ライセンス 50コンテナ・登録25ユーザ・1年間 追加50コンテナ・1年間 追加登録10ユーザ・1年間
最新バージョン V1 V1 V1
価格(税別) 18,000,000 / 年 5,000,000 / 年・50コンテナ 360,000 / 年・10ユーザー
対応OS Linux(Intel64) Linux(Intel64) Linux(Intel64)

製品のご購入にあたって

  • 製品ご購入の際、メディアパック(10,000円(税別))というインストール媒体のみの商品が必要です。メディアパックには使用権は付属しておりませんので、必要なライセンス商品をそれぞれ購入してください。
  • 本製品は、年間サポート契約を締結することにより、製品の使用権を取得いただくサブスクリプションライセンス形態での提供です。

Enterprise Serivce Development Platform に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Enterprise Serivce Development Platform Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ