流通BMS(次世代EDI)全プロトコル対応型EDIサーバ
FUJITSU Software
ACMS Apex EDI-BASE

ACMS Apex EDI-BASE(エーシーエムエス エイペックス イーディーアイ ベース)は、B2B環境を構築する上で不可欠な国内外の標準プロトコルやデータ変換機能、ジョブ管理機能、スケジューリング機能などを幅広く提供し、従来型のEDIはもとより、JX手順やebXML/MS(流通標準)手順などの流通BMSに適用させることができます。本商品は株式会社データ・アプリケーション「ACMS Apex」のOEM製品です。

ACMS Apex EDI-BASE が選ばれている理由

機能

ACMS Apex EDI-BASEは、分散サーバ・アーキテクチャーによりセキュリティやシステム拡張、負荷軽減のために各機能を分散配置することができ、これらを全て統合的に運用管理することができます。

  • 企業間電子商取引に必要な通信機能を網羅 JX手順 / 全銀TCP/IP手順(広域IP網)
  • 複数アプリケーションによる業務処理を容易に定義・可視化 フロー機能
  • 各業務システムに分散配置したApexを一元管理 統合管理機能
  • 高い可用性とセキュリティが叶える安心・安全なデータ連携 システム管理機能

導入を検討中のお客様へ/ 導入いただいたお客様へ

製品の動作環境やサポート・サービスの詳細情報をご確認ください。

  • 動作環境を見る
  • 価格を見る
  • サポートとサービスの情報を見る

ACMS Apex EDI-BASE に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
ACMS Apex EDI-BASE Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ