GTM-MML4VXJ
Skip to main content

PRIMEQUEST 500Aシリーズ Windows Server 2008情報

[ 2011年8月23日更新 ]

PRIMEQUESTは、Microsoft Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems およびService Pack2 をサポートします。

Windows Server 2008は、これまでのWindows Serverファミリーで培われた長所を引き継ぎ、さらに多くの新機能や改善された機能を含みます。Windows Server 2008には、次の特長があります。

  1. 管理性の向上
  2. 柔軟性の向上
  3. 堅牢性の向上

各特長の詳細については、マイクロソフト社から提供されている情報を参照してください。

マイクロソフト社より「Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 2(以下、Windows Server 2008 SP2)」が2009年5月27日にリリースされました。適用にあたっては、「Windows Server 2008 SP2留意事項」等をご確認いただき、お客様にて適用をお願いします。また、公開している動作確認情報はWindows Server 2008 SP2での動作保証をするものではありません。適用する前にはシステムのバックアップをとることを推奨します。

対応機種

以下の機種がWindows Server 2008 for Itanium-Based Systemsに対応します。

  • PRIMEQUEST 500A / 500シリーズ

Windows Server 2008 for Itanium-Based Systemsのシステム要件

システム要件
項目 システム要件
CPU 最大:64
メモリ 最大:2TB
セットアップに必要な
最低ディスク容量
40GB以上(注1)
サポートする
Failover Cluster
8ノードまで

(注1)搭載メモリ容量が16GBを超える場合、ページングファイルやダンプファイルのためにより多くのディスク容量が必要になります。

Windows Server 2008 動作検証済のクラスタ構成 (2009年7月7日)

クラスタのWindows Server 2008での動作確認状況です。

Windows Server 2008留意事項 (2011年8月23日)

導入時には、事前にWindows Server 2008留意事項を確認の上、作業を進めてください。

Windows Server 2008 SP2留意事項 (2011年8月23日)

導入時には、事前にWindows Server 2008 SP2留意事項を確認の上、作業を進めてください。

Windows Server 2008/Windows Server 2008 SP2 周辺機器の動作確認情報 (2009年7月7日)

Windows Server 2008およびWindows Server 2008 SP2の周辺機器に関する留意事項は、以下のページを参照ください。

ご参考

マイクロソフト社よりWindows Server 2008に関する各種情報が公開されています。


Windows Server 2008リリース特集

Windows Serverでさらに進化したオープン・ミッションクリティカルシステムを実現

PRIMEQUESTにおけるダイナミックパーティション機能の実現に向けた富士通とマイクロソフトの開発協業について紹介します。

ダイナミックパーティション機能

Windows Server 2008ではダイナミックパーティション機能が新たに実装され、PRIMEQUESTもいち早くこの機能に対応します。

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)