GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ハイエンドモデル PRIMEQUEST 580仕様・諸元

本製品は2008年9月30日をもって販売を終了いたしました。

圧倒的なスケーラビリティとLinuxサーバで世界最高性能を実現

  • プロセッサーを最大32CPU [64コア]まで搭載可能な、圧倒的なスケーラビリティを誇る高性能サーバ
  • インテル Itanium プロセッサーを採用し、並列処理に優れた性能を発揮
  • 最大16分割が可能なパーティション機能や、主要ハードを二重化する事によりミッションクリティカルなシステムに最適なサーバ環境を提供

CPU

プロセッサ インテル Itanium プロセッサー 9050
(1.60GHz / 24MB L3キャッシュ)
インテル Itanium プロセッサー 9020
(1.42GHz / 12MB L3キャッシュ)
プロセッサ数 2 [4コア] ~ 最大32 [64コア]

システム

インターコネクト point-to-pointクロスバー
データ転送性能:最大136.4GB/s
システムボード 最大8枚
メモリ(主記憶) 最大2TB (8GB掛ける256)
ディスク(内蔵最大容量)(注1) 最大4.70TB (32掛ける147GB 内蔵ディスク)
PCIスロット PCI-X:最大128スロット
PCI Express:最大32スロット

内蔵I/Oインターフェース(注2)

LAN 2 (100BASE-TX)(注3)
最大32 (1000BASE-T)
最大4 (10GBASE-LR)
Serial 最大16 (D-Sub 9pin)
USB 2.0 最大32
SCSI 最大16

高信頼設計

冗長機能 ディスク(注4)、電源、ファン、サーバ管理専用ユニット(MMB)、
メモリ(注4)、クロスバー(注4)、内蔵ギガビット・スイッチ(注4)
パーティション分割 最大16

設置諸元(注5)

外形寸法(突起物含む) 738mm掛ける1,100mm掛ける1,800mm (幅掛ける奥行掛ける高さ)
質量 最小 519kg(注6) ~ 最大 730kg
電源条件 電圧:AC200~240V ±10%
相数:単相
周波数:50 / 60Hz +2%、-4%
消費電力 / 皮相電力 最小 1,480W / 1,610VA ~ 最大 12,400W / 12,500VA
発熱量 最小 5,335kJ/h ~ 最大 44,600kJ/h
省エネ法に基づくエネルギー消費効率(注7) CPU 1.60GHz: 0.071 (a区分)
CPU 1.42GHz: 0.081 (a区分)

サポートOS

  • Red Hat Enterprise Linux 5(for Intel Itanium)
  • Red Hat Enterprise Linux AS(v.4 for Itanium)
  • SUSE Linux Enterprise Server 10 for Itanium Processor Family(注8)
  • SUSE Linux Enterprise Server 9 for Itanium Processor Family(注8)
  • Microsoft Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-based Systems

注1: 本体処理装置の合計搭載数を示します。
注2: オプションのPCIカード使用以外のインターフェース。
注3: サーバ管理用。
注4: オプション。
注5: 本体のみ(拡張IOのユニットを含めず)の値です。
注6: 4CPU構成で、且つシステム動作に必要な機器を最低限登載した構成による。
注7: エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。
注8: 主として海外市場向けにサポート。