GTM-MML4VXJ
Skip to main content

エントリーモデル PRIMEQUEST 510A

PRIMEQUEST 500Aシリーズは、2011年3月31日をもって販売を終了いたしました。
最新の情報は、こちらからご覧ください。

上位機種と共通の自社開発チップセットを採用したコンパクトな高信頼サーバ

PRIMEQUEST 510A
カタログ 詳細仕様 サポートOS オプション ダウンロード
ご相談・お問い合わせはこちら

メリット・特長

コンパクト


ラック(PRIMEQUEST 510A収納)

  • 5Uサイズのラックマウントタイプで、幅600mmのスリムラックにも対応。
    ミッドレンジモデル「PRIMEQUEST 520A」(12Uサイズ)の約40%という省スペース設計です。
  • 100V電源に対応(200Vと選択)。ミッドレンジモデル「PRIMEQUEST 520A」の約40%という低消費電力を実現しています。
  • 省スペース、省電力で、設置性に優れた「PRIMEQUEST 510A」は、お客様システムへの導入が容易であり、システムの開発環境としても最適です。

高信頼

サーバ管理専用ユニット
MMB(Management Board)

  • ミッドレンジモデル「PRIMEQUEST 520A」や、ハイエンドモデル「PRIMEQUEST 540A」および「PRIMEQUEST 580A」と共通の当社自社開発チップセットを採用。ECCによるエラー訂正や、万が一の障害時の迅速なエラー通知などにより、高信頼システムを実現します。
  • サーバ管理専用ユニットMMB(Management Board)」」を標準搭載。
    MMBのWebサーバ機能により、外部サーバを設置することなく、MMBにLAN接続したPC上のWebブラウザでハードウェア資源の状態監視や構成情報表示、エラー情報表示、パーティション管理、ネットワーク管理、電源制御などのサーバ管理・操作が行なえます。
  • 電源ユニット、冷却ファンなどの基本コンポーネントを冗長化。万が一いずれかが故障した場合でも継続運転が可能です。
  • システムが稼働中の状態で、故障した部品の修理・交換が行える活性保守機能をサポート。業務の継続性をより向上させます。

低価格

  • 「PRIMEQUEST 510A」は、最小構成時のハードウェア標準価格が300万円と、お求めやすい価格です。

Baseboard
CPUや各種チップセットを搭載

入出力管理モジュール

メモリモジュール

サポートOS

Linux

  • Red Hat Enterprise Linux 5(for Intel Itanium)
  • Red Hat Enterprise Linux AS(v.4 for Itanium)
  • SUSE Linux Enterprise Server 10 for Itanium Processor Family (注)
  • SUSE Linux Enterprise Server 9 for Itanium Processor Family (注)

(注)主に海外市場向け

Windows

  • Microsoft Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-based Systems

製品仕様

PRIMEQUEST 500Aシリーズ仕様比較

CPU

プロセッサ インテル Itanium プロセッサー 9150N
(1.60GHz / 24MB L3キャッシュ)
インテル Itanium プロセッサー 9120N
(1.42GHz / 12MB L3キャッシュ)
プロセッサ数 最大4[8コア]

システム

メモリ(主記憶) 最大64GB(4GB掛ける16)
ディスク(内蔵最大容量)(注1) 最大1.17TB(8掛ける147GB SAS 2.5インチ内蔵ディスク)
PCIスロット PCI Express:6スロット

内蔵I/Oインターフェース (注2)

LAN 1(100BASE-TX) (注3)
最大4(1000BASE-T)
Serial 1(D-Sub 9pin)
USB 2.0 4

高信頼設計

冗長機能 ディスク(注4)、電源、ファン

設置諸元

外形寸法(突起物含む) 482mm掛ける740mm掛ける219mm(幅掛ける奥行掛ける高さ)
質量 60kg
電源条件 電圧:AC100~120V ±10%
または、電圧:AC200~240V ±10%
相数:単相
周波数:50 / 60Hz +2%、-4%
消費電力 / 皮相電力 最小 460W / 497VA ~ 最大 1,160W / 1,170VA
発熱量 最小 1,700kJ / h ~ 最大 4,200kJ / h
省エネ法に基づくエネルギー消費効率(注5) CPU 1.60GHz:0.023(c区分)
CPU 1.42GHz:0.026(c区分)

(注1)本体処理装置の合計搭載数を示します。
(注2)オプションのPCIカード使用以外のインターフェース。
(注3)サーバ管理用。
(注4)オプション。
(注5)エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。

オプション

ソフトウェア

PRIMEQUEST上で稼働する「Linux」、「Windows」対応のソフトウェア製品や基幹ミドルウェアを紹介します。

ラック

PRIMEQUESTに対応したラックを紹介します。

ストレージシステム

PRIMEQUESTをサポートサーバとするストレージシステム製品を紹介します。

PCIカード

PRIMEQUESTに対応したPCIカードを紹介します。

システムプリンタ

PRIMEQUESTに対応した各種システムプリンタを提供いたします。

システム管理

導入から運用、保守に至るライフサイクルを通してお客様に快適にご利用いただくための各種ソフトウェアを標準添付しています。

その他のPRIMEQUEST 500Aシリーズ

PRIMEQUEST 510A
PRIMEQUEST 510A

PRIMEQUEST 500Aシリーズ仕様比較

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)