GTM-MML4VXJ
Skip to main content

PRIMEQUEST 500Aシリーズ Windows Server 2003情報

[ 2011年8月23日更新 ]

PRIMEQUESTは、2種類のMicrosoft Windows Server 2003をサポートします。

  1. Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  2. Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-based Systems

Windows Server 2003 for Itanium-based Systemsとの組み合わせにより、エンタープライズシステムに必要な高性能(広大なメモリ空間へのアクセス、CPU処理性能の向上)、高信頼(RAS機能の強化)要件を満たしミッションクリティカルなシステム構築が可能になります。

Windows Server 2003 for Itanium-based Systemsのシステム要件

表中の略語
Windows 2003 EE(Itanium): Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
Windows 2003 DTC(Itanium): Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-based Systems

システム要件
項目 Windows 2003 EE(Itanium) Windows 2003 DTC(Itanium)
ターゲットユーザー/使用用途 中規模・大規模
- 基幹DBインフラ
- 企業インフラ
大規模
- 大規模データベースシステム
- 基幹業務インフラ
必要システム要件 CPU 最大:8 最大:64
メモリ 最大:2TB (注1) 最大:2TB (注1)
セットアップに必要な最低ディスク容量 2GB 2GB
サポートするMSCSクラスタ 8ノードまで 8ノードまで

(注1)Windows Server 2003 SP1の場合は最大1TBです。

機能概要

Windows Server 2003 for Itanium-based Systemsの基本機能に関しては広く利用されているWindows Server 2003(32bit)とほぼ同じです、以下では差分についてのみ記述します。

(1)Windows Server 2003 for Itanium-based Systemsでのみサポートされる機能

GUID(注2)パーティションテーブル(GPT)

Windows Server 2003 for Itanium-based Systemsでは、ディスクパーティションの管理方式が異なります。これまでの、32bitではMBR(Master Boot Record)方式と呼ばれるパーティション管理方式を用いていましたが、64bitでは、これまで以上の拡張性を実現するため、管理方式をGPTに変更しました。これにより理論値で、最大18エクサバイトのエンタープライズ級のディスクの管理が可能となります。

(注2) GUID: Global Unique Identifier

(2)Windows Server 2003 for Itanium-based Systemsでサポートされない機能/サービス

Windows Server 2003 for Itanium-based Systemsでは、Windows Server 2003(32bit)でサポートされている機能の内、いくつかの機能がサポートされていません。これらについては、以下のMicrosoft社サイトをご参照ください。

Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-based Systems

(3)Windows Server 2003(32bit)とのシステムアーキテクチャーの違い

Windows Server 2003 for Itanium-based SystemsではWindows Server 2003 (32bit)に比べ、以下の様なシステムアーキテクチャー的な特長があります。

大きなメモリ上のデータ構造体が利用可能
大きな仮想メモリ:16TBアドレス空間が利用可能(ユーザー空間8TB、システム空間8TB)
大きなファイルシステムとデータファイルを取り扱うことが可能
最適化されたシステム・レベルの性能を発揮することが可能
PRIMEQUESTのハードウェア信頼性機能(MCA)をサポートすることが可能

Windows Server 2003留意事項

Windows Server 2003の一般的な留意事項をご案内しています。

Windows Server 2003 SP2動作確認情報

現在出荷されているWindows搭載のPRIMEQUESTは全てWindows Server 2003 SP1で動作しています。Windows Server 2003 SP2での動作情報をご案内しています。

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)