富士通の仮想化基盤HCIに関する
資料請求・お申し込み

富士通では豊富なHCI製品をラインナップしております。お客様システムに合わせた
製品をお選びいただけます。
富士通の仮想化基盤HCIに関する資料請求はこちらから、お気軽にご利用ください。

製品ラインナップからお選びいただけます。

PRIMEFLEX for Microsoft Storage Spaces Direct

最新導入事例集

掲載内容を少しだけご紹介

株式会社ワイ・シー・シー 様(システム開発)

“切れ目のない支援”を実現するために、クラウドサービス基盤に「発達・教育支援システム」のSaaS環境を構築。

株式会社長野県協同電算 様(電算処理受託サービス)

シンクライアントサービスのユーザー数増加への柔軟な対応を可能に。

※本資料は旧製品「PRIMEFLEX for Microsoft Azure Stack HCI(Windows Server 2019搭載)」の導入事例集になります。

PRIMEFLEX for Nutanix Enterprise Cloud

HCI入門ガイド

掲載内容を少しだけご紹介

FUJITSU × Nutanix のシナジーを活かしたHCI
「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」

オンプレミス環境において、シンプルかつ効率的なITインフラを構築できるソリューションとして注目を集めるハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)。そのHCI市場のパイオニアであるNutanixと国内のPCサーバ市場でトップシェアを占める富士通が手を組み2019年8月に発売したのが「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」です。仮想化統合基盤で両社が手を組むことによるシナジーと、ソリューションの魅力についてご紹介します。

この他、海外事例のご紹介や製品のご紹介など、この1冊でNutanix Enterprise Cloud on PRIMERGYがよくわかる入門ガイドです。

※本資料は旧製品「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」の入門ガイドになります。

ベニックソリューション株式会社 様 導入事例

掲載内容を少しだけご紹介

3Tier構成の仮想化基盤の運用・保守が抱える課題を一掃し、グループ企業のDXを支えるIT基盤としてHCIを選択

【お客様の声】
グループ企業のDXでの取り組みでは、クラウド活用のニーズも高まっています。ただし、川崎重工業グループは高度な情報セキュリティが必要な事業も展開していますので、必ずオンプレミスのシステムは必要です。その意味でも、PRIMEFLEXによるオンプレミス環境の強化は非常に重要であり、今後はクラウドとオンプレミスの両方を柔軟に活用できる環境を整備したいと考えています。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)様 導入事例

掲載内容を少しだけご紹介

1万5千人規模の大規模インフラ基盤の運用を効率化するため
Nutanixの先進性と富士通の信頼性が融合したHCI環境を導入

【お客様の声】
従来のシステム基盤は、規模が大きいためサーバやストレージの台数が多く、構築や保守管理の手間をいかに軽減するかが課題となっていました。その点、HCIはSDS(Software Defined Storage)技術によって、サーバのみのシンプルな仮想化基盤を実現するため、管理するのがサーバだけという単純さが大きな魅力でした。

※本資料は旧製品「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」の導入事例集になります。

会津若松市様 導入事例

掲載内容を少しだけご紹介

先進のHCIソリューションを富士通サーバに搭載した
「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」で、シンプルな仮想化基盤を構築

【お客様の声】
日々の管理が一元化されたのはもちろん、そもそもシンプルな構成ゆえに稼働の安定性が高いので、管理ツールをチェックする頻度も減っており、運用管理の負担は大幅に軽減できました。

※本資料は旧製品「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」の導入事例集になります。

富士通の仮想化基盤 HCI 製品情報

富士通の仮想化基盤 HCI キャンペーン情報

もっと詳しく!富士通の仮想化基盤 HCI を知りたい方はこちら

仮想化基盤 PRIMEFLEX ハイパーコンバージドインフラストラクチャーに関するお問い合わせ

ページの先頭へ