FUJITSU Security Solution 標的型メール訓練サービス

標的型メール訓練サービス

疑似的な攻撃の体験により、標的型メール攻撃に対する知識と判断力を向上します。

疑似的な攻撃の体験により、標的型メール攻撃に対する知識と判断力を向上します。

概要

「FUJITSU Security Solution 標的型メール訓練サービス」は、疑似攻撃の体験により、標的型メール攻撃に対する判断能力と知識を身につけることを目的とした、教育および現状評価を行うサービスです。

訓練結果から、早急な対策が必要な場合には、当社にてワンストップで各種セキュリティ・ソリューションの提供が可能です。

お客様の課題

メールを発端として情報の搾取を企てる「標的型メール攻撃」は増加の一途をたどり、その脅威は企業・団体にとって経営上の重要課題となっています。

  • 標的型メールやウイルス添付メールに、従業員が気づくことができるか不安。
  • セキュリティポリシーは策定しているか、現場部門に浸透しているかがわからない。
  • 疑似攻撃メールの訓練で、社内が混乱してしまわないか心配。

特長

入念な事前準備

初めて訓練を実施するお客様や、疑似攻撃メールが社内へ流れることに対し不安なお客様も安心して実施いただけます。(オプションメニューにて教育支援も可能)

豊富なメールサンプルを用意

実際の攻撃メール文面や、よく目にするメール文面の活用など、目的・訓練経験に合わせた豊富な種類・難易度の訓練メールを用意。また、添付ファイル形式のメールも、様々なパターンを用意しています。

アンケート実施とレポートを提供

訓練メールの送信だけでなく、訓練対象者へアンケートを実施することで、対象者の心理的な状況や傾向なども把握することが可能です。

サービス内容

  1. STEP1
    事前準備
    • 各種ドキュメントの整備(メール本文、アンケート内容等)
    • システム環境の確認(SPAMフィルター、メーラー等)
    • 訓練対象者の抽出
  2. STEP2
    訓練実施
    • お客様訓練事務局ご担当宛てへのメール送信テスト
    • 当社センターより、訓練対象者宛てに疑似メールを配信
      • 訓練対象者全員への一括送信
  3. STEP3
    アンケート実施
    • 訓練対象者に、標的型メール訓練に対するアンケート
    • 当社センターにて、アンケート内容を集計
  4. STEP4
    結果報告
    • 添付ファイル開封またはURLクリック集計結果のご報告
    • アンケート集計結果のご報告

標的型メール訓練サービス(標準版) イメージ

標的型メール訓練サービス(標準版) イメージ
  • 注1
    セルフサービス版では、結果報告書作成は実施しません

メニュー体系

カテゴリ メニュー 提供内容
基本(注2) 標準版 一斉送信によるトラブルや、疑似メールによる現場混乱を防ぐためのスケジュールを策定し訓練メールを送信します。 訓練中のQA対応、結果報告書作成まで、一連のサービスをトータルで実施します。
セルフサービス版 スケジュールを策定し、訓練メールを送信します。アンケート結果をCSV形式で提供します。
(セルフサービス版では打合せ等の現地対応、QA対応、結果報告書作成は実施しません)
オプション(注3) 教育 標的型メール攻撃に関する教育(教材ダウンロード型)、理解度チェックテストを提供します。
その他オプション お客様の要望に基づきコンテンツの個別カスタマイズを提供します。
  • 注2
    通常、本サービスは1.5ヶ月間(~1000人)での実施となります。
  • 注3
    オプションは、基本(標準版/セルフサービス版)を契約されていることが前提条件となります。

価格

個別見積
参考価格:50万円~(人数、オプションによる)

  • 1.5ヶ月以内で作業を行う場合にかかる費用です。
  • ユーザー数、実施期間により別途お見積をいたしますので、詳細はお問い合わせください。

関連する情報

経産省「情報セキュリティサービス基準」への適合について

本サービスは、経産省「情報セキュリティサービス基準」への適合を審査登録機関(注4) に認められたサービスとして、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が公開している「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」に掲載されています。(2019年3月登録)

  • 注4
    審査登録機関:特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会


018-0054-20

情報セキュリティサービスマーク

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ