GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 標的型メール訓練サービス

標的型メール訓練サービス

サービス概要

「FUJITSU Security Solution 標的型メール訓練サービス」は、疑似的な攻撃の体験により、標的型メール攻撃に対する判断能力と知識を身につけることを目的とした教育および現状評価サービスです。

標的型メールの脅威

標的型攻撃メールの被害は後を立たず、日々猛威をふるっています。知り合いを装う手口の他、社外問合せ窓口や採用担当者と通常メールのやりとり を何通か行った後に、標的型メールを送付するなど、巧妙な手口が増加しています。

【被害例】

始めは、通常の問い合わせを装ってやり取り
始めは、通常の問い合わせを装ってやり取り

その後、標的型メールを送付
その後、標的型メールを送付

お客様の課題

  • 標的型メールやウイルス添付メールに、従業員が気づくことができるか不安だ
  • セキュリティポリシーは策定しているか、現場部門に浸透しているかがわからない
  • 疑似攻撃メールの訓練で、社内が混乱してしまわないか心配だ

サービスの特長

  1. 従業員への注意喚起が可能
    訓練を通じて従業員に攻撃を体感させることで、e-learning等では伝わらなかった危機意識を周知し、怪しいメールへの警戒心を育てます。
    また、継続的に実施することで、発信アドレスや文面を読む等、従業員の意識変化に繋がります。
  2. お客様社内の攻撃耐性を明らかに
    開封率を集計、レポート報告することで、攻撃耐性のない部署や層を認識し、社内セキュリティ教育の検討にお役立ていただけます(オプションメニューで教育支援も可能です)
  3. 実施スケジュールの策定から、当社SEがご支援します
    当社社内実践で培ったノウハウを活かし、メールを送るタイミングや対象選定など、標的型メール訓練の計画策定をご支援します。

サービス実施の流れ

事前準備


  • 各種ドキュメントの整備(メール本文、アンケート内容等)
  • システム環境の確認(SPAMフィルタ、メーラー等)
  • 訓練対象者の抽出

注意喚起


  • 訓練対象者へのセキュリティ注意喚起の実施(全員を対象)
    (注)標的型メールの理解、受信した場合の対処方法、等

送付テスト


  • お客様訓練事務局ご担当宛てへのメール送信テスト

疑似メール配信


  • 当社センターより、訓練対象者宛てに疑似メールを配信
    (注)訓練対象者全員への一括送信

種明かしメール配信


  • 当社センターより、訓練対象者宛てに種明かしメールを配信
    (アンケートURLへの誘導)

アンケート記入


  • 訓練対象者より、標的型メール訓練に対するアンケートを記入
  • 当社センターにて、アンケート内容を集計

結果報告


  • 添付ファイル開封またはURLクリック集計結果のご報告
  • アンケート集計結果のご報告

【標的型メール訓練サービス(標準版) イメージ】

標的型メール訓練サービス(標準版) イメージ
(注)セルフ版では、結果報告書作成は実施しません

サービス体系

カテゴリ メニュー 提供内容
基本(注1) 標準版 一斉送信によるトラブルや、疑似メールによる現場混乱を防ぐためのスケジュールを策定します。訓練中のQA対応、結果報告書作成まで、一連のサービスをトータルで実施します
セルフ版 お客様ご指定のスケジュールに従い、訓練メールを送信します。 メールの開封状況、アンケート回答内容をCSV形式でご提供します
セルフ版では打合せ等の現地対応、QA対応、結果報告書作成は実施しません
オプション(注2) 教育 セキュリティ市場動向全般の理解度チェックテストのご提供
その他
オプション
お客様ご要望に基づくコンテンツの個別カスタマイズ

(注1):通常、本サービスは1ヶ月間(~1000人)での実施となります
(注2):オプションは、基本(標準版/セルフ版)を契約されていることが前提条件となります

参考価格

【標準版】参考価格:100万円(501~1000ユーザーの場合)
【セルフ版】参考価格:50万円(~1000ユーザーの場合)

  • 1ヶ月以内で作業を行う場合にかかる費用です
  • ユーザー数、実施期間により別途お見積をいたしますので、詳細はお問い合わせください
GTM-KJ2442