GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ファイルサーバ版

機密情報保護&共有ソリューション システム構成/要件 ファイルサーバ版

システム構成

ファイルサーバ版 システム構成

システム要件

サーバ要件

対象製品 対象OS/製品バージョン 用途
Rightspiaサーバ Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2/2016(注1)(注2) 文書暗号化
AD RMS Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2 利用権限管理
SQL Server SQL Server 2008 R2/2012/2014/2016/2017 データベース
ファイルサーバ NTFS準拠かつCIFS対応していること(注3 文書格納先(用途に応じて選択)
NAS装置(注4) clustered Data ONTAP 8.3.x/9.3 NTFS使用、CIFSプロトコル(注4)(注5)(注6)

(注1)RightspiaをインストールするサーバOSなどの環境により、.NET Frameworkのインストールが必要になることがあります。
(注2)Rights Management Service Client 2.1のインストールが必要になります。
(注3)機種によっては実機検証が必要となる場合があります。
(注4)NAS装置はNetApp FASシリーズ / 富士通ストレージシステム ETERNUS NR1000F seriesに対応しています。
(注5)NAS装置の構成は2ノードHA-pairに対応しています。構成によっては、実機検証が必要となる場合があります。
(注6)ファイルサーバおよびNAS装置と、RightspiaサーバのOSは、各製品のサポート範囲内の組み合わせを前提としています。
(注7)ActiveDirectory配下で認証できる環境が必要です。

クライアント要件

対象製品 製品名/バージョン 備考
OS Windows 7 SP1/Windows 8.1/Windows 10 ADRMS のクライアントモジュールのインストールが必要(注1)
アプリケーション Office 2010/2013/2016
(Word, Excel, PowerPoint)
Rightspiaの機能に加えて、OfficeのIRM機能を利用する場合は、Professional Plus以上が必要
Adobe Acrobat Reader DC 暗号化されたPDFファイルを参照する為には別途RightspiaPDFクライアントモジュールのインストールが必要(注2)

(注1)Rights Management Service Client 2.1のインストールが必要になります。
(注2)Rightspiaクライアントモジュールの動作には、.NET Framework および VC++ 再頒布可能パッケージ のインストールが必要です。


概要利用シーンサービス体系/価格システム構成/要件導入事例FAQ

GTM-KJ2442