GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 個人情報探査サービス

個人情報探査サービス

2017年3月をもちまして、本サービスの新規販売は終了いたしました。

サービス概要

個人情報漏えい対策は企業・組織の避けては通れない課題のひとつとなっています。しかし、『どこから手を付けていいのか分からない』、『どんな対策が有効か分からない』などの理由で、対策ができていない企業・組織も多いのではないでしょうか。

情報漏えい対策を行うには、まずはどこに、どの程度重要な個人情報があるかを把握することが必要です。『FUJITSU Security Solution 個人情報探査サービス』は、クライアントPCに存在する個人情報を含むファイルを探索し、レポートにてご報告します。

お客様の課題

  • 情報漏えい対策を行おうとしても、どこにリスクがあり、どんな対策を行えば有効なのか分からないため、対策を検討できない。
  • システム管理者が手作業で調査すると膨大な時間がかかるため、個人情報ファイルの洗い出しに手間取っている。
  • 「個人情報は必ず暗号化する」というお客様が策定したポリシーを社員が遵守しているか心配。

導入効果

  • 組織内の重要な情報が、どこに、どれだけあるかを把握することで、効果的な情報漏えい対策を進めるのに役立ちます。
  • 手作業で個人情報を洗い出す場合と比較すると、迅速・正確に実施できます。
  • 暗号化されていない個人情報ファイルが検出されるため、例えば「個人情報を暗号化する」といったポリシーが守られているかどうかが確認でき、PDCAサイクルによるセキュリティ対策の向上が望めます。

適用イメージ

PC内に存在する、Microsoft® Excel®、Microsoft® Word®、PDF、メールソフト、名刺管理ソフト等、様々なアプリケーションのファイルに対してスキャンを行い、個人情報を含むと推定されるデータを洗い出します。
注)初回提供時に探査ツールの導入構築が必要となります。

適用イメージの図

探査内容

個人情報の探査条件
探査対象項目 地名(漢字):日本全国の都道府県や市町村名
人名(漢字):日本語の苗字の約80%(2000件以上)
メールアドレス(@より前のローマ字の人名)
電話番号(各種数列パターン) など
ファイルフォーマット 文書:PDF
圧縮ファイル:ZIP、LZH、TAR、GZ
電子メール:Microsoft® Outlook®、その他のメールソフト
その他:Palm Desktop、vCARD
テキスト形式:TXT、CSV、XML、HTML、RTFなど
対応アプリケーション(注1) Microsoft® Office®:Word®、Excel®、PowerPoint®、Access®
IBM Lotus:Lotus、WordPro、Lotus1-2-3
名刺管理ソフト:名刺ファイリングOCRなど

注1)お客様のご要望に応じて、変更・追加可能です。

注)Microsoft® Windows® は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。その他、記載されている製品名は各社の商標または登録商標です

GTM-KJ2442