GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 運用・保守

運用・保守

システム障害の未然防止から万一のトラブル発生時における早期復旧、業務支援まで、ワンストップサポートでお客様システムの安定稼働を支えます。


【運用・保守 一覧】

様々なICTシステムが混在している中、保守ベンダーの統制をはじめ、運用管理面に何らかの課題を抱える企業は少なくありません。 加えて、仮想化やクラウドをはじめとした新しい技術の普及により、従来システムとのハイブリッド化や新システムへの移行など、運用最適化への取り組み機運は高まるばかりです。
富士通では、ITIL® (ITIL® is a Registered Trade Mark of AXELOS Limited) (注)に基づきクラウド時代の標準的な運用を体制化し、お客様運用の実態に合わせた領域別メニューを提供、お客様のICT運用の最適化を支援します。 運用設計・運用支援、予防保守やヘルプデスクサービスといったICT運用の日常管理支援に加え、ICT領域以外へもサービスの対応範囲を拡大、お客様環境の安定稼働をトータルに支えてまいります。

(注)ITIL®:IT Infrastructure Library(英国政府が策定したコンピュータシステムの運用・管理業務に関する体系的なガイドライン)

(注) ITIL®は、AXELOS Limitedの登録商標です。

24時間365日、お客様ICTシステムの「安心・安全・安定」のため、高品質かつスピーディーなサポートサービスをワンストップサポートで提供します。
ハードウェアのトラブル未然防止から障害対応はもとより、ソフトウェアにおいても、Microsoft、Oracle、VMwareといった専門のソフトサポート技術者を育成・配備し、トラブルの迅速解決を支援します。
また、万一の災害発生時には、災害状況を集約して確認できる「富士通災害対策Web」などを用いてお客様システムの障害情報を集約し、早期復旧に最善を尽くします。


「Oracle Certification Award 2014」を受賞

Oracle Certification AwardORACLE MASTER PLATINUM

当社はこの度、日本オラクル株式会社が主催する「Oracle Certification Award 2014」を受賞しました。
「Oracle Certification Award 2014」は、オラクル認定資格の取得に取り組み、より多くの資格取得者を輩出した企業を表彰するものです。対象期間は、2013年6月1日~2014年5月31日です。
当社は今回、「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 認定資格」の「単年度受賞企業」の部門で第2位を受賞しました。

「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g」はオラクル認定資格の中で最上位に位置付けられます。
当社はこれまでOracle Database製品のサポート技術者の育成・強化に努めてまいりました。その結果、今回の受賞という評価を得ることとなりました。
当社は今後も、Oracle Database製品を始めマルチベンダー製品のサポート力の向上に努め、トラブルの迅速解決を支援してまいります。

商標について
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

>
GTM-KJ2442