FUJITSU Managed Infrastructure Service コミュニケーション基盤LCMサービス
Power Platform 活用支援

コミュニケーション基盤LCMサービス
Power Platform 活用支援

業務プロセスのデジタル化を迅速・継続的に支援

業務プロセスのデジタル化を迅速・継続的に支援

概要

マイクロソフト社のクラウドサービス(Power Platform)を導入・利用するお客様に対して、お客様専任エンジニアが、アドバイザリ、開発支援、トレーニングやQA対応、仕様変更に伴うアプリケーションの改修支援を行うサービスです。

お客様のタイミングにあわせて、継続的に利用できる、月額定額・チケット制です。

対象クラウドサービス

Power Platform

 Power Apps
ローコーディングで短期間にアプリ開発ができる
Power Automate
ワークフローをすばやく自動化し、ビジネスロジックを組み立てタスクを単純化し、プロセスをつなぐ
Power BI
様々なデータをビジュアル化し、検索分析を容易にする
Power Virtual Agents
ローコーディングでチャットボットを作成できる

ご紹介動画

”Power Platform”の活用支援サービスについて、動画にて紹介します。

”Power Platform”の活用支援サービスご紹介動画

お客様の課題

  • Power Platformの活用を検討しているが、何から始めてよいかわからない。
  • 自社でアプリケーションを作成したいが、作成方法がわからない。
  • Office 365やMicrosoft Teamsなど外部サービスとの連携アプリケーションを利用したい。
  • 業務プロセスの変更が頻繁にあり、その都度アプリケーションの変更が必要である。

サービス内容

アドバイザリ

  • 専任エンジニアがPower Platformを活用した企画・計画の策定を支援

開発・導入支援

  • Power Platformを活用したアプリケーション作成および導入支援

トレーニング

  • Power Platformの活用方法に関する教育・ハンズオンの提供

QA

  • Power Platformに関する技術仕様、利用方法などの質問を回答

仕様変更支援

  • クラウドサービスの仕様変更に伴う、作成したアプリケーションの改修支援

サービスマネジメント

  • 専任エンジニアによるサービスの全体統制

レポーティング

  • 専任エンジニアによるサービスのインシデント、利用状況のレポーティング

特長

導入・保守フェーズ一体型

アドバイザリや開発支援、トレーニングやQA対応、仕様変更に伴うアプリケーションの改修支援など、導入・保守フェーズ一体で一貫したサービスを提供します。

サブスクリプション型モデル

月額定額制で、お客様専任エンジニアが継続的に技術支援を行います。

スモールスタート、スパイラル型開発

段階的に要件を具体化し、スピーディーに業務を効率化します。またニーズの変化にも柔軟に対応します。

チケット制

お客様が利用したいときに利用したい分だけ、技術支援やサポートを受けられるチケット制です。

メニュー体系

販売価格

プラン 契約期間 チケット数 月額(総額) 付帯サービス
Expressプラン 3か月 24チケット 200,000円(600,000円) サービスマネジメント
月次レポート×3回
Standardプラン 1年 100チケット 200,000円(2,400,000円) サービスマネジメント
月次レポート×12回
  • 表示価格は全て税抜き価格です。
  • Expressプランは、初回お試し用です。一法人につき一度のご利用に限らせていただきます。
  • Standardプランにはチケット追加購入用のオプションサービスがあります。

提供機能

提供機能
プラン アドバイザリ 開発・導入支援 トレーニング QA 仕様変更支援 サービスマネジメント
・レポーティング
Expressプラン
Standardプラン
必要チケット数(目安) 個別見積 個別見積 20チケット~ 2チケット/件~ 個別見積 不要

お問い合わせ

ページの先頭へ