FUJITSU Managed Infrastructure Service 
クライアント資産最適化サービス

クライアント資産最適化サービス

情報の一元管理とわかりやすい運用ルールでIT資産の最適配置を実現します。

概要

「FUJITSU Managed Infrastructure Service クライアント資産最適化サービス」は人とIT資産を紐づけることに優れたSaaS型運用サービスツール「FACTs」を利用し、クライアント資産の管理を最適化する運用サービスです。

  • 注1
    FACTsとは当社の運用ノウハウから導かれたIT資産管理の運用ルールを実装した自社開発のSaaS型運用サービスツールです。

お客様の課題

  • IT資産が複数の台帳で管理され、業務負担が大きい
  • 従業員規模が大きく、IT資産の管理が煩雑になっている
  • 機器/ライセンスの管理ができておらず、過剰に購入してしまう

サービス内容

IT資産情報を一元管理

FACTsでIT資産管理に情報を登録し、必要な情報(インベントリ情報、人事・組織情報、ライセンス情報、リース契約情報等)を紐づけることが可能です。これにより、IT資産の使用状況から不一致情報を抽出し、IT資産情報の精度を向上させます。

運用ルールの一本化

IT資産管理がFACTsの運用ルールに一本化されるため、台帳毎に(管理元)運用を管理する必要がなくなります。そのため、IT資産の管理工数を低減することが可能となります。

特長

IT資産管理の精度向上

IT資産管理の精度向上

人・モノ・場所などの情報をIT資産に紐づけ、使用状況と更新ミス・漏れを可視化します。これによりIT資産の情報精度を向上させます。

運用ルールの一本化

運用ルールの一本化

当社開発のツールFACTsを利用することで、お客様に合わせた運用ルールの適用や運用ルールの一本化が可能です。

IT資産の最適配置を実現

IT資産の最適配置を実現

棚卸の調査や使用状況の把握などIT資産管理ツールだけでは難しい変更管理を実現します。

商品体系/価格

サービスメニュー サービス内容 標準価格
クライアント資産最適化 初期導入 ヒアリング、運用ルール策定、お客様専用のFACTs提供基盤構築  個別見積
クライアント資産最適化 運用
(4,000台以下)
FACTs提供、FACTs操作に関するQA受付および対応(管理対象が4,000台以下の場合)
受付方法:平日9:00~17:00、mail受付、オンサイト対応なし
680,000円/月~
クライアント資産最適化 運用
(1,000台追加)
4,000台を超える場合、1,000台毎に管理対象を追加 170,000円/月~
クライアント資産最適化 運用
(定期報告)(※注2)
システムの稼働状況、IT資産状況をレポートにて報告(月1回) 140,000円/月~
クライアント資産最適化 運用
(運用代行)(※注2)
FACTs操作および、不一致情報の修正依頼等の運用代行を実施 個別見積
  • 注2
    本サービスは運用サービスのオプションサービスです。

お問い合わせ

webでのお問い合わせ

カタログ・資料請求に関して

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ