FUJITSU Software TIME CREATOR(タイムクリエイター)

機能と特長

機能と特長(ご利用イメージ)

PC利用延長申請・承認

勤務時間外のPC利用延長申請・承認のワークフローの仕組みにより、マネージャー・部下間のコミュニケーションを活性化します。また、業務の可視化によりマネージャーは部下の勤務状況を把握し、組織内の業務の平準化や効率化を行うことが可能です。

分析機能

組織・個人の残業時間やPC利用延長申請状況をグラフにて簡単に把握することが可能です。部下の勤務実態の把握により、マネージャーのマネジメント力向上を支援します。

PC利用推移

組織・個人のPC使用状況とPC利用延長申請状況の表示を行うことが可能です。

実働時間把握ダッシュボード

残業予測時間やサービス残業をしているメンバーの表示を行えます。
(別途勤怠システムとの連携が必須)

働き方可視化オプション(2018年8月リリース)

分析者向けサマリー画面

PCアプリケーションログを取得することにより、従業員自身が日々の業務にかかる時間や状況を把握、生産性向上のための意識改革に繋げます。また、テレワーク等の作業状況把握にも使用することが可能です。

分析者向けサマリー

組織のメンバーのPC業務状況を可視化します。

作業分類

お客様毎に使用するアプリケーションをカテゴライズすることによりどのような作業が多いかを分析することが可能です。

個人のPC業務状況分析画面

個人のPC業務状況分析画面

個人毎のPC業務状況を可視化します。
メンバーは自身の業務状況を振り返り、日々の業務改善に生かすことが可能です。

アプリケーション詳細表示画面

アプリケーション詳細表示画面

選択した日にちのアプリケーション操作状況を分単位で可視化します。必要に応じてウィンドウタイトルまで表示可能です。

稼働アプリ一覧

稼働アプリ一覧

選択した日にちのアプリケーション使用状況を確認することが可能です。一つの作業にかかった時間やウィンドウのアクティブ回数・キータッチ回数等で作業の集中度を振り返り、どのようなスケジュールを組めば業務が効率化するか意識するきっかけを与えます。

関連動画

  • FUJITSU Software TIME CREATOR (概要篇)
  • TIME CREATOR 機能紹介動画「PC利用延長の申請」
  • TIME CREATOR 機能紹介動画「PC利用延長の承認」

お問い合わせ

webでのお問い合わせ

製品資料・導入事例集に関して

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ