GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

診察案内表示システム

外来患者様の診察番号を外待合(大型表示盤)、中待合(小型表示盤)に表示して、診察の進行状況をお知らせします。富士通の電子カルテシステム「HOPEシリーズ」と連携し、オンラインにて診察番号を表示するため、業務効率の向上が図れます。患者様は、診察の待ち状況を把握でき、安心して順番を待つことができます。

特長

  • 受付が完了した患者様の診察番号を自動で外待合(大型表示盤)、中待合(小型表示盤)に表示し、各診療科の進行状況を案内
  • 番号案内により、患者様の呼び出し間違い防止とプライバシー保護の効果
  • 表示サーバで表示盤ごとの機能設定が行えるので、各診察科に合わせた柔軟な対応が可能
  • 各診療科ごとの画面レイアウト設定が可能
    (注)画面レイアウトは導入までにご決定いただきます。導入後の変更には別途費用がかかります。
  • 電子カルテシステムとの連携により、患者様の電子カルテを開くことで表示盤に診察番号を自動で表示。点滅とチャイム音で患者様を誘導
  • 表示サーバの設定で、自動的に電源投入/切断が可能
  • お知らせ画面にて院内情報の案内も可能

システム構成

診察案内表示システムのシステム構成図

診察案内表示盤

外待合(大型表示盤)

【設置例】皮膚科待合スペースに設置された天吊型(獨協医科大学病院様)

外待合に設置される大型表示盤です。
受付が完了した患者様の診察番号が表示され、各診察室での診察の進行状況を案内します。

診療科名、診察室名、担当医名、診察番号(呼び出し番号、待ち番号)、案内ガイド、流動メッセージなどが表示されます。
また、画面切り替えにより、お知らせ画面を表示することもできます。

【画面例】

各科が混在している場合
1つの診療科のみの場合
色違いのバリエーション
色違いのバリエーション

中待合(小型表示盤)

【設置例】診察室入り口ごとに設置された液晶ディスプレイ(獨協医科大学病院様)

中待合や診察室の入り口に設置される小型表示盤です。
診療科名、診察室名、担当医名、診察番号(呼び込み番号、待ち番号)などが表示されます。

診察室で患者様の電子カルテが開かれると、その患者様の診察番号が点滅し、チャイム音でお知らせします。
(注)電子カルテシステム(オーダリングシステム)との連携によります。

【画面例】

診療中の番号と待ち番号3名分表示の場合
2つの診察室を並べて表示する場合

お知らせ画面(お知らせスケジューリング機能)

お知らせパソコンにてスケジューリング機能を設定することで、診察案内表示画面とお知らせ画面(画像コンテンツ)を任意の順序に並べ替えて表示することができます。
診察案内表示画面またはお知らせ画面の下に、流動メッセージを入れることができます。
(注)画像コンテンツは、BMP形式またはJPEG形式の画像を100画像登録できます。

【画面例】

お知らせ画面例1
お知らせ画面例2

導入事例

 

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

電話番号 03-5762-5532

受付時間:平日9時~12時、13時~17時
(土曜、日曜、祝日、年末年始、当社指定休日は除く)

Webからのお問い合わせ

当社へのお問い合わせ

本件に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。