GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 広告宣伝 >
  3. Jリーグ「川崎フロンターレ」の協賛について

2019年 Jリーグ「川崎フロンターレ」の協賛について

2019Member

富士通マーケティングは、2011年より、サッカーJリーグ「川崎フロンターレ」のオフィシャルスポンサー(公式戦ユニフォーム左袖)となっています。

2019kobayashi

キャプテン

小林 悠 選手

川崎フロンターレは1996年の設立以来、「スポーツ文化の振興及びスポーツによる地域社会への貢献」を理念として、神奈川県川崎市をホームタウンに、地域に密着した市民クラブとして活動しています。その活動は、Jリーグスタジアム観戦者調査において「ホームタウンで大きな貢献をしている」クラブとして、2010年から9年連続で1位という評価を受けています。

富士通マーケティング看板

富士通マーケティングは、2019シーズン、チャンピオンチームとしての誇りを胸に、完成することのない高みをめざして、これからも1つ1つを積み上げていこうとする川崎フロンターレを、多くのサポーターやファンの皆さまとともに今年も応援してまいります。

2019catchphrase

川崎フロンターレ「2019年クラブキャッチフレーズ」


詳細は、下記のページをご覧ください。(「川崎フロンターレ」公式サイト)

2019年ユニフォームスポンサー決定のお知らせOpen a new window
川崎フロンターレ「2019年クラブキャッチフレーズ」についてOpen a new window

川崎フロンターレ 公式サイトへ(新しいウィンドウで表示)

スポーツを通じた社会貢献活動のご紹介

川崎市社会福祉協議会様より
川崎フロンターレのチケット提供に関する感謝状をいただきました

kansyajyou2018

社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会
会長 佐藤忠次様からいただいた感謝状

kawasakikyougi-letter2018

観戦した子どもたちからの手紙や寄せ書き

当社は、社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会様を通じて、川崎市の児童養護施設などの子どもたちに川崎フロンターレのホームゲーム観戦チケットを毎試合提供しています。
この活動は、地域における社会貢献活動の一環として2012年度より行っているもので、この度、2017年度の活動において、同協議会様より感謝状をいただきました。

また、川崎市にあります児童養護施設の子どもたちから、川﨑フロンターレのゲームを観戦した感想のお手紙や寄せ書きを頂戴しました。
当社は、2018年度もこの活動を継続してまいります。

富士通マーケティング企業CM

放映期間 :2019シーズン
放映場所 :等々力陸上競技場(ホームゲーム開催時にオーロラビジョンで放映)
内容 :“熱き”想いでつながるサポーターの姿と、お客様と想いをともにし、ビジネスに挑む当社の企業姿勢を重ね合わせて表現しています。

「心をひとつに」篇