卸・メーカー様向け流通BMS対応EDIパッケージ

FUJITSU 流通業ソリューション
Speedikit Lite
(スピーディキット ライト)

みんなつながる流通BMS本サービスは経済産業省の流通BMS(基本形)Ver1.0、Ver1.1、Ver1.3及び流通BMS(百貨店版)Ver1.0、Ver2.0、Ver2.1に適合しています。「流通ビジネスメッセージ標準」ならびに「流通BMS」は一般財団法人流通システム開発センターの登録商標です。

流通業界全体の最適化基盤としてインターネットを利用した「流通ビジネスメッセージ標準(注1)」が今後流通業界で使用していくEDI標準としてすすめられている昨今、卸・メーカーの各社様は、従来のJCA手順やWeb-EDIに加えて流通BMSへの対応の検討が必要になっています。

  • Speedikit Liteは、卸・メーカー様が流通BMS対応のデータ交換に必要な「通信」と「データフォーマット変換」の機能に特化し、低価格でご提供します。
  • 自社システムとの連携を容易にする優れたインターフェースを採用し、流通BMSの迅速な導入を可能にしました。
  • 注1
    流通ビジネスメッセージ標準 : 流通Business Message Standards (流通BMS)

こんな企業様におすすめ!

  • 低コストかつ迅速に流通BMSを導入したい。
  • 自社基幹システムと容易に連携したい。
  • 受注・出荷などの業務は自社システムで実施したい。

特長

  • 「流通BMS導入を手軽に」を徹底追及

    流通BMS対応のデータ交換に最低限必要な「通信」と「データフォーマット変換」の機能に特化し、低価格を実現しました。
    また、容易な運用を実現するため、Windowsプラットフォームに限定しています。
  • フレキシブルなスケジュール設定で、業務に合わせた運用が可能

    スケジューラ機能により、日時指定はもちろん、指定ファイル作成に合わせた起動や、外部システムからのコマンドによる起動が可能です。
    あらかじめ設定しておくことで、お客様のスケジュール・業務環境に合わせて、自動運用が可能です。
  • EDIのプロフェッショナルがサポートするので稼動後も安心

    国内最大級のEDIサービス「TradeFront/6G」の提供で培ったノウハウを集約した「カスタマ・サポート・デスク」にて操作等、日々の運用に係わる質問・相談等の受付を行います。
  • 使いやすさを重視し、基幹業務との連携を効率的に実現

    流通BMS対応「XML形式のデータフォーマット変換」を簡易マッピング機能により、使いやすいインターフェースでご提供しています。
    そのため、迅速な導入を可能とし、自社基幹システムとの連携を効率的に実現します。
    データ種の追加や新規センター(小売業様)追加なども簡単に行えます。
簡易マッピング機能

概要図

詳細情報

    • システム名標準販売価格
      Speedkit Lite詳細はお問い合わせください。
    • 流通BMS対応に必要なXMLデータの送受信や通信、流通BMSデータを指定した形式でフォーマット変換するトランスレート機能、さらに、自社システムとの連携が容易になるスケジュール機能など、様々な機能を提供いたします。

      流通BMS対応
      データ送受信機能
      1. 流通BMS対応XMLデータ送受信
        独自フォーマットデータ(固定長/CSV)の送受信にも対応。
      2. 流通BMS通信手順
        インターネットを利用した流通BMS(JX手順)通信パッケージを同梱。
      トランスレート機能流通BMSデータをSpeedikit Lite標準レイアウト(CSV)、あるいは、あらかじめお客様が「簡易マッピング機能」で設定したレイアウト(固定長/CSV)にて入出力することができます。一度設定すれば、指定した形式で、フォーマット変換を実行しますので、自社基幹システムとのデータ連携が容易に可能となります。
      スケジューラ機能指定した設定情報を元に自動で送受信やバックアップを実行します。
      日時指定起動やファイル監視起動、外部システムからのコマンド起動等、柔軟な設定が可能です。
    • OSWindows 8.1 / Windows 8.1 Pro(注2)
      Windows 10 ( Home / Pro /Enterprise )(注2)
      Windows Server2012 Standard(注3)
      Windows Server2012 R2 Standard(注3)
      メモリPC版:1GB以上推奨
      サーバ版:2GB以上推奨
      ハードディスク2GB以上の空き容量推奨(注4)
      通信環境JX (注5)
      インストール時の
      注意事項
      CD-ROMドライブが必要です。
      ディスプレイ1024×768ピクセルの画面を表示できるもの
      • 注2
        日本語版のみ。32ビット版、64ビット版に対応。
      • 注3
        日本語版のみ。64ビット版に対応。
      • 注4
        取り扱いデータ量により異なります。
      • 注5
        JX対応通信パッケージを同梱しています。
    • 導入後、当製品に対するご質問、トラブル等のサポートを電話にて行います。

      • 24時間365日サポート受付

Webでのお問い合わせはこちら

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ