GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション&サービス >
  3. 業務・その他ソリューション >
  4. セキュリティソリューション >
  5. マルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」

マルチプラットフォーム対応暗号化ツール
FUJITSU セキュリティソリューション COMPLOCKII(コンプロックツー)

マルチプラットフォーム対応 暗号化ツールのCOMPLOCKII(コンプロックツー)は、メインフレームからPCにいたるまでのマルチプラットフォームで動作する圧縮・暗号化ツールです。
暗号アルゴリズムは独自方式のブロック暗号・ストリーム暗号の他、電子政府推奨暗号 (注1) の一つであるAES (注2) に対応しております。

新型コロナウイルス対策に伴うサポートサービスの電話受付休止について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在当社の従業員は、在宅テレワーク勤務を基本としております。
 これにともない、お客様向けサポートサービスの電話受付を当面の間休止させていただきます。メールは平常通り受け付けておりますので、製品マニュアルに掲載されたお問い合わせ窓口のメールアドレス宛にお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
 お客様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

【重要】バージョンアップおよびレベルアップのご案内(2020年5月18日更新)

COMPLOCKIIは、下記のとおりバージョンアップおよびレベルアップを行いました。これにともない、旧バージョンの新規販売は終了させていただきます。
 お客様におかれましては、サポート期限までに新バージョンへの移行をよろしくお願い申し上げます。

【V06L01/Version6.1からV07L01へのバージョンアップ】

  • 対象商品:UNIX版、Linux版、Windows版(メインフレーム版は対象外)
  • 新バージョン販売開始日:2019年6月3日
  • 旧バージョンサポート終了日:2022年5月末日

【V06L01からV06L02へのレベルアップ】

  • 対象商品:メインフレーム AS400版(その他のメインフレーム版は対象外)
    なお、本レベルアップにともない商品名を「IBM i版」に変更いたします。
  • 新バージョン販売開始日:2020年5月18日
  • 旧バージョンサポート終了日:2023年3月末日

なお、旧バージョンと新バージョンは完全互換です。自社または相手先のどちらか一方のみがバージョンアップまたはレベルアップを行っても、双方に影響はありません。その他詳細は下記をご覧ください。

よくあるご質問(FAQ)

COMPLOCKII について、皆様からよくお問い合わせいただく内容をまとめました。

こんな企業様におすすめ!

  • 個人情報や機密情報などのデータをやりとりしている
  • 社内システムのバックアップデータを暗号化する検討をしている
マルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」のイメージ

(注1) 電子政府推奨暗号:
総務省および経済産業省が共同推進する暗号技術評価プロジェクト「CRYPTREC」において、電子政府にて利用することが推奨されている暗号アルゴリズムです。

(注2) AES(Advanced Encryption Standard):
米国政府の標準暗号化方式のひとつです。2003年に日本の電子政府推奨暗号として認定、2005年にはISO/IEC 18033で国際標準暗号の1つになっています。


COMPLOCKIIの特長

  • マルチプラットフォームに対応しており、メインフレームやUNIX機との圧縮・暗号化したデータの受け渡しと復号ができます。
  • 複数メーカーのメインフレームOS(富士通・IBM・日立・NEC)に対応、圧縮・暗号化ファイルを異機種間で相互に受渡しできます。
  • メインフレーム上のデータを直接暗号化できるため、送受信するデータの暗号化用に別途UNIX / Windows機を導入する必要が無く余分なコストとリスクを削減できます。

COMPLOCKIIの商品体系

COMPLOCKII(AES対応)


商品名 バージョン 適応OS
メイン
フレーム
MSP版 V06L01 【富士通】 MSP
XSP版 【富士通】 XSP
日立版 【日立】 VOS3
(新規販売はCOBOL版のみになります)
日本電気版 【日本電気】 ACOS-4
UNISYS版 【UNISYS】2200系
IBM版 【IBM】z/OS
(新規販売はCOBOL版のみになります)
IBM i版
(旧AS400版)
V06L02 【IBM】 IBM i 7.2 / IBM i 7.3 / IBM i 7.4
UNIX Solaris版 V07L01 日本語Solaris 11 CPU:SPARC
HP-UX PA-RISC版 HP-UX 11iv3
HP-UX Itanium2版 HP-UX 11iv3
AIX版 AIX 7.1/AIX 7.2 CPU:POWER
Linux Linux IA x86版 V07L01 Red Hat Enterprise Linux 6 (for x86)
Red Hat Enterprise Linux 6 (for Intel64) (注3)(注4)
Oracle Linux 6(for x86)
CentOS 6(for x86)
Linux IA x64版 Red Hat Enterprise Linux 6 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 8 (for Intel64)
Oracle Linux 6(for Intel64)
Oracle Linux 7(for Intel64)
Oracle Linux 8(for Intel64)
CentOS 6(for Intel64)
CentOS 7(for Intel64)
CentOS 8(for Intel64)
Windows Windows版 V07L01 Windows 7(Starterは除く) [CPU:x86,x64(WOW64)]
Windows 8.1 [CPU:x86,x64(WOW64)]
Windows 10 [CPU:x86,x64(WOW64)]
Windows Server 2012 [CPU:x64(WOW64)]
Windows Server 2012 R2 [CPU:x64(WOW64)]
Windows Server 2016[CPU:x64(WOW64)]
Windows Server 2019[CPU:x64(WOW64)]
(注5)(注6)

Linux版はV07L01より、Oracle LinuxとCentOSに対応しました。

(注3)32ビット互換モード上で32ビットアプリケーションとして動作します。

(注4)RHEL6の32ビットライブラリが標準でインストールされていないため、動作させるためには32ビットライブラリのインストールが前提になります。

(注5)日本語版のみ。

(注6)JIS2004は未対応。

  • Windows 7 のサポートは、マイクロソフト社の延長サポートプログラム「Windows 7 Extended Security Updates(ESU)」をご契約のお客様に限り、2021年1月14日まで対応いたします。その後はOSに起因する問題に関しての修正提供とQ&A対応はいたしません。

COMPLOCKIIの利用イメージ

COMPLOCKIIで作成した暗号化データはマルチプラットフォームに対応しているため、相手とプラットフォームが異なっていても暗号化データの授受が可能です。

マルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」の利用概念図

・COMPLOCKIIに文字コード変換やファイル転送機能はありません。
・Windows版COMPLOCKIIはファイルサイズ最大4GBまで使用できます。


COMPLOCKIIの主な機能

基本機能


機能概要
暗号化 指定したファイルを独自方式のブロック暗号、ストリーム暗号、またはAESで暗号化します。
部分暗号化 AESで固定長ファイルを暗号化する際、各レコードの特定項目のみを暗号化します。暗号化を機密性の高い項目に限定することで、処理時間の短縮と機密保持の両立を実現します。
ワンタイム鍵
生成
ユーザーが指定した鍵を元に、内部で毎回異なる暗号鍵を自動生成します。同じデータを同じ鍵で暗号化しても、暗号データは異なるデータとなるため、解読されにくくなります。
復号時には自動生成された鍵をCOMPLOCKIIが自動認識します。
圧縮 暗号化の際にファイルを圧縮します。暗号化せず、圧縮処理のみも可能です。(注7)
固定長圧縮 圧縮・暗号化ファイルをメインフレームと受け渡しする場合に転送ソフトで利用しやすいよう、固定長ファイル形式で出力できます。
復号 COMPLOCKIIで暗号化したファイルを復号します。
データチェック 暗号化ファイルにチェック用データを付加し、復号化時にデータの同一性をチェックします。

(注7)部分暗号化との併用はできません。


Windows版のユーティリティ機能


概要
バッチファイル
作成
GUIで入力した圧縮・暗号/復号・復元パラメータをコマンド化して、バッチファイルを作成。
メモ帳 専用のテキストエディタ上でテキストデータの編集を行い、保存時に暗号化。ただしこのメモ帳を使って作ったファイルを暗号化した場合、復号ファイルもこのメモ帳でしか参照できません。
起動パスワード COMPLOCKII起動時にパスワード入力が必要です。
前回パラメータ
保存
終了時のパラメータを保存しておき、次回起動時に表示します。
復号プレビュー データの最初の20件を復号・復元してプレビューします。
鍵管理 暗号する鍵やパラメータを保存します。
ヘッダ情報表示 圧縮・暗号化ファイルのヘッダレコードの内容を表示します。

COMPLOCKIIのオプション機能

オプション名 機能概要 備考
簡易鍵管理
(COMPLOCKII実行補助機能)
指定のフォーマットでユーザが作成・管理している暗号鍵情報管理ファイルを元に、COMPLOCKIIの実行をサポートする機能です。
当オプションを利用することで、COMPLOCKIIを実行する際、暗号鍵を実行文に記載する必要がないため、暗号鍵を変更するたびに実行文を書き換える手間や、暗号鍵が遺漏するリスクを低減することができます。
異なるバージョン、OSで、本体とオプションの組み合わせはできません。

IBM i版の提供はありません。
ライブラリ ライブラリライセンスのご提供も行っておりますが、用途、条件、対象OSなどにつきましてはお問合せください。

バージョンアップ / レベルアップによる機能強化について

【V07L01の機能強化】

  • 鍵管理機能(簡易鍵管理オプション)をCOMPLOCKII本体のコマンドと一体化
    従来の簡易鍵管理オプションは、COMPLOCKII本体と別製品になっていました。
    新バージョンでは本体のコマンドに鍵管理機能を組み込み、よりスムーズにご利⽤いただけるようになりました。
    なお、鍵管理機能のご利⽤には、これまでどおり別途オプション費⽤(旧バージョンの簡易鍵管理オプションと同価格)が必要です。
  • AES-NI対応
    COMPLOCKIIをインストールする機器に「Intel AES-NI(注8)」が実装されている場合、より高速なAES暗号化・復号処理が可能になりました。
  • 不正な暗号ファイルの復号時の対応強化
    データチェック機能を強化し、不正なファイルの検知率の向上を図りました。

【V06L02(IBM i版のみ)の機能強化】

  • コマンドライン対応
    従来は対話型方式による実行を標準としていましたが、新たにコマンドラインによる実行をサポートします。他OS版との互換性はV06L01と同じです。

(注8)Intel AES-NI(AES New Instructions):
インテル社製プロセッサに搭載されている、AES暗号化・復号処理を高速化するための拡張機能です。


COMPLOCKIIの画面例

COMPLOCKIIの画面例


COMPLOCKIIのお客様サポート

Windows版は、サポート契約によりサポート。
Windows版以外は、月額費用にサポート代含む。

Q&A対応 電話、メールにより対応
平日10時~17時(祝祭日、年末年始などの当社休業日は除く)
レベルアップ対応 同一バージョン内でレベルアップが発生した場合、レベルアップ版を無償で送付

COMPLOCKIIの動作環境


メモリ ディスク その他
メインフレーム版 - - インストール媒体はDVD-ROMで提供
UNIX版
Linux版
64MB以上推奨 10MB以上
Windows版 128MB以上推奨 20MB以上

COMPLOCKIIの標準販売価格

COMPLOCKII(AES対応)

システム名 標準販売価格
(税別)(注9)
メインフレーム版 MSP版
XSP版
日立版
日本電気版
UNISYS版
IBM版
COMPLOCKII 契約基本料 150,000円
月額費用 1ライセンス 80,000円
月額費用 2ライセンス以降(注10) 40,000円
IBM i版 COMPLOCKII 契約基本料 150,000円
月額費用 1ライセンス 55,000円
月額費用 2ライセンス以降(注10) 27,500円
プログラム使用許諾、Q&A対応、レベルアップ対応は月額ライセンス費用に含まれます。
UNIX版
Linux版
COMPLOCKII 契約基本料 150,000円
月額費用 1ライセンス 55,000円
月額費用 2ライセンス以降(注10) 27,500円
プログラム使用許諾、Q&A対応、レベルアップ対応は月額ライセンス費用に含まれます。
Windows版 COMPLOCKII 1ライセンス 300,000円
2ライセンス以降(注10) 200,000円
年額費用 プログラムサポート【必須(注11)】 (Q&A対応、レベルアップ版提供<同一Ver.内>) ライセンスの標準販売価格×10%

(注9) COMPLOCKIIは、標準販売価格でのご提供となります。

(注10) 同一注文で複数ライセンスをお求めの場合、2ライセンス目以降の価格です。
対応OSが異なる組み合わせでは適用されません。

(注11) Windows版にはサポートサービス契約(有償)が必須となります。

COMPLOCKIIオプション

オプション名 標準販売価格(税別)
メインフレーム版
(IBM i版を除く)
簡易鍵管理 月額費用 1ライセンス 10,000円
月額費用 2ライセンス以降 5,000円
UNIX版/Linux版 簡易鍵管理 月額費用 1ライセンス 6,000円
月額費用 2ライセンス以降 3,000円
Windows版 簡易鍵管理 1ライセンス 30,000円
年額費用 プログラムサポート 3,000円

新バージョンへの移行について

  • UNIX/Linux版 V06L01をご利用中のお客様
    使用許諾契約を継続されているお客様は、追加費用なしでV07L01をご利用いただくことができます。本体のみご契約中のお客様は、オプション契約の追加により、鍵管理機能も使⽤できるようになります。
  • Windows版 Version6.1をご利用中のお客様
    サポートをご契約中のお客様は、追加費用なしでV07L01をご利用いただくことができます。本体のみご利⽤中のお客様は、オプションおよびオプションサポート契約の追加により、鍵管理機能も使⽤できるようになります。
  • メインフレーム AS400版 V06L01をご利用中のお客様
    使用許諾契約を継続されているお客様は、追加費用なしでIBM i版V06L02をご利用いただくことができます。
  • V06L01/Version6.1より前のバージョンをご利用中のお客様
    バージョンアップは有償となります。価格についてはお問い合わせください。

なお、いずれの場合も新規インストール作業をお客様にて実施いただく必要があります。 バージョンアップまたはレベルアップをご希望のお客様は、ご契約時にご案内しているサポート窓口までお問い合わせください。


COMPLOCKIIの互換性

  1. メインフレーム版、UNIX・Linux版、Windows版はそれぞれシステム互換があります。
  2. COMPLOCKIIとCICLOCKII(株式会社シーアイシーシステムズ製)はシステム互換があります。COMPLOCKIIで圧縮・暗号化したデータはCICLOCKIIで復号・復元できます。その逆の運用も可能です。
  3. 旧バージョンおよび関連する商品間の互換性は次のとおりです。
  4. COMPLOCKIIの互換性

(注12) Linkexpressは富士通株式会社の製品です。
(注13) COMPLOCKIIとLinkexpressはどちらも暗号アルゴリズムにAESを採用していますが、実装の仕方が異なるため、それぞれの暗号化ファイルに互換性はありません。


COMPLOCKIIの関連情報

COMPLOCKIIのカタログ

マルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」 (1,003 KB/A4, 4 pages)

PDF のリンク先をご覧になるには、アドビシステム社の Adobe® Reader™ (無償)が必要です。
Adobe® Reader™をインストールすることにより、PDFファイルの表示・印刷が可能になります。

>> Adobe® Reader™ ダウンロードページへ

  • COMPLOCKは次の特許を当社で取得し、使用しています。
    • 暗号化情報伝送方法、コンピュータプログラム及び通信システム(第4763972号)

COMPLOCKIIのお問い合わせ

マルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」の導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやサービス導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者より折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせ

よくあるご質問(FAQ)

COMPLOCKII について、皆様からよくお問い合わせいただく内容をまとめました。



環境貢献ソリューション

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。
「COMPLOCKII」は、富士通の「 環境貢献ソリューション 」認定商品です。
導入による環境改善効果(二酸化炭素排出量削減率)は99.8%です。

富士通エフ・アイ・ピーのマルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」

マルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」は、メインフレームからPCにいたるまでのマルチプラットフォームで動作する圧縮・暗号化ツールです。暗号アルゴリズムは独自方式のブロック暗号・ストリーム暗号の他、電子政府推奨暗号の一つであるAESに対応しております。マルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」の導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやサービス導入のご相談などを承ります。

GTM-KRVVZD