スーパーコンピュータ「富岳」

© RIKEN

理化学研究所と富士通が2014年から開発を進めてきたスーパーコンピュータ「富岳」は2021年3月9日に完成しました。
「富岳」は同日から共用が開始され、広く学術・産業分野向けに提供されます。

社会課題解決に貢献する「富岳」とそれを支える富士通のテクノロジー

性能世界4冠スーパーコンピュータ「富岳」開発リーダーに聞く

新型コロナウイルス感染症との戦いなど、現実世界の問題解決に利用されている「富岳」。その開発を牽引してきた理化学研究所の松岡氏と当社の新庄理事に、スーパーコンピュータ開発の歴史から今後の可能性について語っていただきました。

「富岳」とは

システムの特徴

総合力で卓越するシステムで、最大で「京」の100倍のアプリケーション実効性能

  • 消費電力性能、計算能力、ユーザーの利便・使い勝手の良さ、画期的な成果の創出
  • 30~40MWの消費電力(参考 : 「京」12.7MW)
  • Deep Learning等のAIへの応用にも適した設計

富士通の取り組み

最先端テクノロジーを結集し、プロセッサーからソフトウェアまでシステム全体を開発

  • プロセッサーは最新の高性能サーバ向けの命令セットArmv8.2-A SVEに準拠

主な仕様

新たに開発したプロセッサー「A64FX」を用いた世界トップレベルの性能

  • 総ノード数 : 158,976ノード(432ラック)
  • ピーク性能(ブーストモード) : 537 PFLOPS(倍精度)

「富岳」の活用例

新型コロナウイルス治療薬開発に繋がる感染阻害分子機構の解明へ

東大先端研山下特任准教授と共同でスーパーコンピュータ「富岳」を活用したIT創薬の研究を本格的に開始

スーパーコンピュータ「富岳」とAI活用により高解像度でリアルタイムな津波浸水予測を実現

市街地に浸水する津波を数秒で詳細に予測し、より安全な避難行動を支援

動画で見る「富岳」

  • 【富岳】4冠3期連続獲得 未来を引き寄せる力(1分)

  • 【富岳】未来を引き寄せる力 ロングバージョン(15分40秒)

スーパーコンピュータ「富岳」に関するお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間:平日9:00~12:00および13:00~17:30(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ