FUJITSU Processor A64FX

スーパーコンピュータ「富岳」に採用された世界トップレベルの高性能プロセッサー

デジタルトランスフォーメーションを加速するスーパーコンピュータ向けプロセッサー

スーパーコンピュータは、シミュレーションとデータ解析の両輪で、社会課題の解決やデジタルトランスフォーメーションを加速するインフラとしての更なる活躍が期待されています。富士通が開発したプロセッサー「A64FX」により、スピーディーなシミュレーションと大規模データの利活用を可能とする「高性能」「高い電力あたり性能」「高信頼」なスーパーコンピュータを実現します。

特長

A64FXは、Armv8.2-A命令セットアーキテクチャーをスーパーコンピュータ向けに拡張した「SVE(Scalable Vector Extension)」を、世界で初めて実装したプロセッサーです。48個の演算コアと2個または4個のアシスタントコアを持ち、倍精度浮動小数点演算で3.3792TFLOPSの理論ピーク性能を実現します。加えて、単精度/半精度浮動小数点演算や、8bit/16bit整数演算も512bit幅のSIMDによる高いスループットで演算できるため、AIなどの処理において高い効果を発揮します。

高性能

HPCシステムは、演算性能だけではなくメモリ性能も重要です。
A64FXは、48個の演算コア、高メモリ帯域幅、512bit幅SIMD等の最新技術により、演算性能、メモリ性能の両方を必要とする実アプリケーションにおいて高い演算性能を実現します。

高電力効率

HPCシステムは、電力効率の高い技術が必要です。
A64FXは、最新の7nmプロセスと、2.5次元パッケージ技術の採用、そしてアプリケーションの消費電力を最適化するマイクロアーキテクチャーにより、実アプリケーションにおいて高い電力あたり性能を発揮します。

高信頼性

大規模な並列演算システムでは、信頼性が重要です。
A64FXは、約128,400個のエラー検出・訂正回路を有し、メインフレームクラスのRASを実現します。

A64FXに関するお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間:平日9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

パートナーリンク

ページの先頭へ