デジタルトランスフォーメーションがリテールに与える影響とは?

人とテクノロジーが導く未来のリテール

テクノロジーは、リテール業界にどのような変革をもたらすのでしょうか。デジタル化により大きくユーザー体験が変わる業界として、リテール業界が注目されています。富士通は2030年のリテールビジネスに影響を与えるメガトレンドとして5つの潮流を示し、リテールの未来にどのように貢献できるかを提言します。

将来のリテールビジネスを考える5つの観点

富士通はリテール業界におけるデジタルトランスフォーメーションの潮流を分析し、未来のビジネスに大きな影響を与える可能性のある潮流を5つの観点で整理しました。

消費者の価値観・行動の非連続な変化
世代とデジタルの習熟度によって、購買行動が大きく異なります。どのようにして消費者を理解し、求められるコト(顧客価値)を創出していけば良いのでしょうか?
データの主導権は個人へ
個人が自分のデータを管理するスキームが生まれたとき、企業はどのように消費者と信頼関係を築くべきなのでしょうか?
人と機械の関係が多様化
人と機械がコラボレーションする機会が生まれてきています。消費者が望むエクスペリエンスを最大化するには、人と機械をどのように組み合わせれば良いのでしょうか?
ヒューマンセントリックなエコシステム
様々な企業で異業種の企業との連携・共創が進んでいます。リテール企業は誰をパートナーとし、エコシステムを成長させるためにどのような戦略を取るべきなのでしょうか?
再定義される消費
社会課題の意識の高まりにつれて、消費から利用への転換が進んでいます。リテール企業はどのように社会・環境に配慮したビジネスモデルを構築していけば良いのでしょうか?

富士通と描く未来のリテール

供給者から消費者に価値を一方向的に提供する仕組みが中心となっていた従来の事業者起点のリテールから、「人」起点の仕組みに変え、いつでも、どこでも、どんなものでも、自分に合った価値を手に入れることができるリテールサービスへの変革が求められています。このような「人」を中心としたリテールサービスを実現するために、富士通では「Connected Retail.」というビジョンを構築し、関連企業とのビジネス共創、あるいはデジタル技術を活用したDX 実装の中で実現してまいります。


詳細は「リテールビジネスのデジタルトランスフォーメーション」をご覧ください。

ページの先頭へ