デジタル革新がもたらす新たなモビリティの未来

モビリティサービスにおける未来の日常

デジタル化されたモビリティサービスの未来ビジョンを描き、主に自動車業界や周辺産業の企業に対して、デジタル革新におけるお客様のパートナーとして、デジタル技術を活用し、未来に向けてどのようなモビリティサービスをCo-creation(共創)していくかを提言する。

多様なモビリティサービスを生み出していくことで持続的な経済成長を実現し、困難な社会課題を解決に導く可能性をも手にすることができます。
今すでに6つのモビリティの潮流が現実に起こりつつあります。

モビリティの「都市化」

モビリティによる都市の再創造

モビリティの「民主化」

誰もが利用でき、提供できるモビリティ

物流の「ロボット化」

人が介在しないモノのモビリティ

体験価値としての移動

移動をより楽しく、より魅力的に

「移動しない」移動

物理的移動を代替するモビリティ

自然生態系に調和するモビリティ

地球と共生するモビリティ

富士通とモビリティの未来

紹介した6つの潮流に共通して言えることは、移動をする様々な目的に対して私たちに多様な移動手段が与えられるということです。
加えて、各業界に属する企業や組織がデジタル技術でつながった新しいエコシステムを形成し、ヒューマンセントリックなモビリティ社会を共創することによって、モビリティの未来が実現されると考えています。

私たちは長年のICTの経験を元に、Collecting(データを集める)、Connecting(ネットワークにつなげる)、Utilizing(データを活用する)の3領域でヒューマンセントリックなモビリティの未来を実現します。

Collecting(データを集める)

自動車から収集する大量かつ大容量な画像データを軽量化して送信する技術や、自動車に分散管理の上、必要なデータをセンター側からオンデマンドで収集する技術により通信とストレージにかかる費用負担を大幅に低減

Connecting(ネットワークにつなげる)

無線ネットワークを経由した車載ソフトウェアのダウンロードや更新技術により、安心安全なモビリティを迅速に提供

Utilizing(データを活用する)

車両や外部から収集した様々なデータをバーチャル空間に再現するデジタルツインの技術により、シミュレーションの強化を通じた各種機能の向上、改善を可能とし、開発段階における品質評価を高精度、かつスピーディーに実現。

また、デジタル革新がモビリティサービスにもたらす影響や今後の大きな潮流、ビジネスの機会をまとめた未来シナリオ「Fujitsu Future Insightsモビリティの未来」(以下、モビリティの未来)と新たなモビリティサービスが日常になった未来のストーリーを描いたムービーをご紹介します。

ページの先頭へ