『SIMPLIA DF-JOBFLOW』(シンプリア ディーエフ ジョブフロー)は、ジョブ制御文を解析して、各種設計ドキュメントを自動出力するツールです。

製品概要

提供機能

  • ジョブフロー出力機能
  • データセット一覧出力機能
  • Windows表示機能
  • 日本語による出力

導入効果

  • ジョブ内容の確認が容易に行えます。
  • ドキュメントの作成・修正作業が効率化できます。

備考

  • SIMPLIA DF-JOBFLOWはGSシリーズ上で動作する製品です。
  • ドキュメントをHTML形式やWord/Excel形式で出力するViewer、Viewer2機能(Windows上で動作するクライアントソフト)が添付されています。
  • Viewer2機能は、Excel形式(XLSX)でのジョブフロー図と一覧を出力します。従来からのジョブフロー図出力機能「Viewer」は、Word形式(DOC)、HTML形式でのジョブフロー図およびExcel形式(XLS)の一覧を表示したい場合に使用します。Viewerは将来終息の機能です。

仕様

DF-JOBFLOW仕様
製品V/LOS備考PSS
製品本体V23L60MSP, XSP備考なしPSSあり (注1)
  • 注1
    PSSとはプログラムサポートサービスの略です。プログラムサポートサービスは、専用Q/A窓口、トラブル/障害情報の即時通知、レベルアップ版の無償提供、SIMPLIA製品の最新情報の提供等を行うサービスです。

過去のエンハンス情報

V23L50 から V23L60

  • Viewer2機能の追加
    Viewerの移入機能で作成するJCLアナライズファイルを入力とし、新しいフォーマット(Excel形式)によるジョブフローおよび各種一覧のドキュメント出力を可能としました。
  • 制限事項の緩和
    ジョブフローの解析対象JCL出力欄にマクロ(プロシジャ)中の注釈文出力を可能としました。
  • 制限抵触メッセージの出力
    JCL 解析を行う上で制限抵触となった場合、軽度または中程度のエラーメッセージを出力するようにしました。
  • 装置記号の出力抑制の改良
    Viewer2機能に必要なJCL移出ファイル作成時に、ジョブフロー図から装置記号を抑制する指定を可能としました。
    ※Viewerで出力するドキュメントはサポートしていません。

機能紹介詳細

ジョブフロー出力機能

JCLライブラリを解析してジョブ内のプログラム関連、データセット関連をフロー形式で出力します。ADLソースライブラリを解析して、AIM配下のデータセットやDBのサブスキーマ名などの情報を付加することも可能です。

データセット一覧出力機能

ジョブ内のDD名、データセット名、プログラム名の対応関係を一覧表形式で出力します。

Windows表示機能

GSシリーズ上でJCLを解析したファイルを、Windows上へ転送したものを入力として、クライアントソフトから下記ドキュメントを自動出力できます。(HTML形式またはMicrosoftR Word/Excel形式で出力可能です。)

  • ジョブフロー図(帳票例
  • ジョブ一覧(帳票例
  • データセット一覧(帳票例
  • フォームオーバーレイ一覧

日本語による出力

英数字で記述された利用者語を日本語名標辞書を利用することにより、日本語名で出力します。

画面・出力帳票例

Windows ジョブフロー図(EXCEL形式)

Windows ジョブフロー図(WORD形式)

Windows ジョブフロー図(HTML形式)

Windows ジョブ一覧(EXCEL形式)

※イメージはVIewer2機能で出力したものです。

Windows データセット一覧(EXCEL形式)

※イメージはVIewer2機能で出力したものです。

Windows フォームオーバレイ一覧(EXCEL形式)

※イメージはVIewer2機能で出力したものです。

ジョブフロー図(NLPでの出力例)

ダウンロード


  (2,270KB / A4, 20 pages)


  ソフトウェア説明書(Vewer)
  (139KB / A4, 6 pages)
  ソフトウェア説明書(Viewer2)
  (126KB / A4, 5 pages)
  ソフトウェア説明書(MSP)
  (400KB / A4, 76 pages)
  ソフトウェア説明書(XSP)
  (406KB / A4, 76 pages)

ページの先頭へ